萬ブログ

萬ブログはまとめサイトです。 主に世の中にある私的に興味のあるネタを中心に, 皆様へお届けするゆる~いまとめサイトです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    脱ぎかけショットでむにむにヒップ|葉月あや@ayaaaa_com - 芸能ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9843263
    脱ぎかけショットでむにむにヒップ|葉月あや@ayaaaa_com

    葉月あや、肉感伝わるムニムニヒップ

     グラビアアイドルの葉月あやが何ともキワどい脱ぎかけショットを公開してくれた。

     16日、葉月は「カウントダウンもきょうでおわりだああ」と1枚の画像をTwitterにアップ。「カウントダウン」とは、22枚目となるイメージ作品『NEW!』の発売日まで続けてきた連続ツイートのこと。17日が発売日で、今回のツイートがカウントダウンシリーズのラストというわけだ。 

     区切りの投稿では、黒のタイトニットに白のパンツというシックなスタイルの1枚を公開。かなり大人っぽい雰囲気だが、パンツを脱ぎかけており、グリーンのランジェリーが丸見えという過激な写真になっている。

     しかも下着は「ヒモ&スケスケ」というエッチ度満点のデザイン。お尻の肉感がよくわかるほどヒモが食い込んでおり、刺激的な魅力をムンムンと放つ。これにネット上のファンからは興奮の声が殺到することになった。

     葉月の22ndDVD『NEW!』(イーネット・フロンティア)は、大手販売サイトで早くもランキング上位に並ぶなど好評。これまでカウントダウンを楽しんできたファンは、本編が見たくて見たくてうずうずしていることだろう。

    【葉月あや】
    Twitter@ayaaaa_com

    【日時】2021年09月16日
    【提供】メンズサイゾー

    【脱ぎかけショットでむにむにヒップ|葉月あや@ayaaaa_com】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    <新型コロナ・16日>東京都で新たに831人が感染 24人死亡、重症者は182人 - 新型コロナニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9842972
    <新型コロナ・16日>東京都で新たに831人が感染 24人死亡、重症者は182人
    <新型コロナ・16日>東京都で新たに831人が感染 24人死亡、重症者は182人
     東京都は16日、新型コロナウイルスの感染者が新たに831人、死者24人が確認されたと発表した。現在入院している重症患者は182人。1週間平均の新規感染者数は1011.4人で、16日時点で対前週比55.1%となった。都内の累計の患者数は36万9781人。
     
     年代別では、20代が213人、30代が143人、40代が145人、50代が103人などとなっている。65歳以上の高齢者は74人だった。死者は40代男性1人と50代の男女1人ずつを含む24人。

     感染者1437人へのスクリーニング検査では、変異株「デルタ株」にみられる変異「L452R」が1332人で確認され、割合は約92.7%だった。

    【日時】2021年09月16日 16:47
    【ソース】東京新聞

    【<新型コロナ・16日>東京都で新たに831人が感染 24人死亡、重症者は182人】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    キャッシュレス推進なのでは? それでも日本政府が「新紙幣を発行」をする理由とは? - ニュース総合掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9842064
    キャッシュレス推進なのでは? それでも日本政府が「新紙幣を発行」をする理由とは?

    便利なキャッシュレスが一般化してきた近年。しかし、日本政府は新500円硬貨を2021年11月から、新紙幣を2024年から発行するため、巷ではこの両政策に「ちぐはぐしているのでは?」と疑問に思っている人もいるのではないだろうか。しかし、日本政府が国民から非難されるような政策を行っているとは思えないし、思いたくはない。

    今回は、帝京大学経済学部教授の宿輪純一氏が解説している両政策について紹介しよう。

    数十年、百年後は、完全にキャッシュレスになる時代が来るのだろうか

     キャッシュレス化の推進政策は、2018年に経済産業省が策定した「キャッシュレス・ビジョン」に基づいて遂行されている。政府としては、キャッシュレス化によって現金の取扱いコストの削減を減らそうと考えたのだ。実は、日本は現金決済比率が他の国に比べて高く、経済・金融全体で年間約1.6兆円ともいわれている、と宿輪氏は述べている。キャッシュレス化を推進することでこのコストを削減し、生産性の向上や企業・産業が発展し、日本経済が成長することを見込んでいるようだ。

     日本のキャッシュレス化の目標は「2025年までに40%」であり、決してキャッシュレス化を100%にしようとしているわけではない。しかし消費税の引上げによる影響を軽減するために「キャッシュレス・消費者還元事業」として約5,000億円が支援のために使われるなど、キャッシュレスの推進に力を入れている。それにもかかわらず新紙幣を発行するということは、相応の理由があるのだろう。

    日本では、偽札を作ること、使うことは、無期懲役などの重罪に課せられるため、抑止力になっているかもしれない

     紙幣や硬貨を新しく発行する理由は、不正使用対策のようだ。偽札などの不正対策のため、高い技術を使った紙幣、硬貨に更新し続ける必要があり、20年毎に更新されることになっている。この周期には理由があり、肖像が浮かび上がる技術である3Dホログラムなどの新技術を定期的に導入することと、人的な問題が背景にある。紙幣も硬貨も熟練した人の手で制作されることから、人から人への伝承が必要で、20年という周期が設けられたようだ。

     世界の中でも、日本の紙幣や硬貨を製作する技術水準は高いため、日本では偽札が非常に少ない。そのため、日本では新紙幣の製造コストの方が偽札の取締りなどにかかる費用の方が高くなるケースが多いとのこと。平和な日本だからこその悩みもあるようだ。

     国家の重要な紙幣や硬貨ということで、人の手は必ず介入しなければならず、全てをデジタル化することは難しいことなのだろうか。費用や資源の削減にもなるし、新紙幣や硬貨の製造費用を削減できるといいが……。

    参照元:日本政府が「キャッシュレス推進」しながらも「新紙幣を発行」するワケ【マネー現代】
    出典元:新しい日本銀行券及び五百円貨幣を発行します【財務省】

    【日時】2021年09月16日 10:30
    【提供】オトナライフ

    【キャッシュレス推進なのでは? それでも日本政府が「新紙幣を発行」をする理由とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ