萬ブログ

萬ブログはまとめサイトです。 主に世の中にある私的に興味のあるネタを中心に, 皆様へお届けするゆる~いまとめサイトです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    結局最後まで自分が悪かったとは思わなかったんすね

    1 夜のけいちゃん ★ :2021/11/22(月) 21:29:17.09

    11/22(月) 19:18

     無免許運転による人身事故を巡り、東京都議会で2度の辞職勧告決議を受けた木下富美子都議(55)が22日、都庁で会見し、辞職する意向を明らかした。決断にいたった理由も説明。小池百合子都知事からの助言があったとし、「父の安全が脅かされる事態となりました」とも明かした。

     木下氏は会見の冒頭で一連の問題を神妙な面持ちで謝罪、運転免許再取得をしないことなどを話した。「辞職の決断について申し上げます」と切り出した場面。「今回、私が刑事訴追の可能性との間で十分な説明責任を果たせなかったために、大切な両親、そして齢85になる父の安全が脅かされる事態となりました」と告白した。「これ以上家族を巻き込むことはできない、これも辞職の決断に至る理由となりました」と続けた。

     有権者に選出されたことを「最も大切」に考えていたと木下氏。「法律による議員の身分保障は民主主義の根幹であり、4年間の任期を都民の皆様にご奉仕するとの考えの元で、都議を続けたいと申し上げてまいりました」と強調した上で、「仕事がしたくて議員継続を望んでいるにもかかわらず、仕事をさせてもらえないという現実が、先日の委員会開会拒否で明らかになりました」と漏らした。「もちろん議員の仕事は議会出席だけではございません。しかし議員として十分に仕事をさせてもらえない理不尽な現実に悩みました」と、“恨み節”も飛び出した。

     そんな中で東京都の小池百合子知事(69)と話をする機会を得たとし、「交通事故の解決に専念されたらどうか」「これで人生が終わるわけではなく、今回の不祥事を反省し再出発する時には相談に乗る」と、提案されたという。自身にとって「小池都知事は私の政治の師、政治の舞台へのきっけを作ってくださった方」と感謝の弁。「不祥事を起こし大変なご迷惑をおかけしました私を、親身に考えてくださること、本当にありがたいと思っております。支援者の方々とも改めてお話をし、小池都知事のご助言をふまえました上で深く考え、今回都議会議員の職を辞する決断にいたりました」と語った。

     木下氏は都議選の選挙運動期間中だった7月に板橋区内で無免許運転で人身事故を起こし、公表しないまま再選。発覚後は体調不良を理由に都議会の本会議や委員会を欠席し続け、2度の辞職勧告決議を受けた。再選後に初登庁した今月9日に議員活動継続の意向を表明、これに議会側が猛反発し、木下氏が質疑予定の委員会が流会するなど実務にも影響が出た。今月19日には、5~7月にかけて7回無免許運転をしたとして、東京地検が道交法違反の罪で木下氏を在宅起訴。同21日、小池知事が木下氏について「今の状況を理解できない人ではないと私は考えている。自らが出処進退をただすことについて、彼女自身が決することを私は確信している」と話していた。

    ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/f48b6bbe3096fe1d57d6dc94b291ee7963956237

    1が立った日時 11/22 19:34
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637577277/

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637580610/


    【【都議会】木下都議 辞職決断の理由「父の安全が脅かされる事態に」 「理不尽な現実に悩んだ」と“恨み節”も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    韓国・文政権の「自主国防思想」で日本が標的になる恐れ、元駐韓大使が解説

    人気取りに躍起になっておりますな

    NO.9997100
    韓国・文政権の「自主国防思想」で日本が標的になる恐れ、元駐韓大使が解説
    韓国・文政権の「自主国防思想」で日本が標的になる恐れ、元駐韓大使が解説
    文在寅大統領は、韓国の国防力を急速に増大させている。これは革新系政権に共通することであるが、文在寅政権には特にその傾向が著しい。これは米軍に頼らない自主国防力の強化を目指すものではあるが、その目的が危ういと言わざるを得ない。

    米国としても、韓国が自主的に国防力を高め、米国の負担を軽減することは基本的には歓迎すべきことである。また、在韓米軍を中国の脅威の抑制や地域の安定のためなどに回すことも可能になる。

    しかし、文大統領の真の意図が、国防における米国依存をやわらげ、北朝鮮に対する政策の自由度を上げるためであるとすれば、それは別の話である。真に国防を第一に考えるならば、南北軍事合意によって韓国の国防力を一方的に弱める行為はつじつまが合わない。

    文大統領は在任中に戦時作戦統制権の返還を実現しようと米国に働きかけてきた。現実問題として任期中というのは時間的に厳しくなってきたが、目標を取り下げたわけではないだろう。

    文大統領は北朝鮮との終戦を宣言しようと画策しており、米国には相談もせず一方的に提案した。だが、米国は終戦宣言がもたらすインパクトを見極めようと慎重に検討しており、今のところ文大統領の希望に沿う様子はない。文大統領が最終的に期待しているのは、終戦宣言を契機とする金正恩委員長との首脳会談であり、関係改善である。

    来年の韓国大統領選挙で、革新系与党「共に民主党」の次期大統領候補である李在明(イ・ジェミョン)氏が大統領となれば、軍事力の強化は日本の極右(自民党政権を右翼政権とみているのではないか)に対抗するための軍..
    【日時】2021年11月17日 4:20
    【ソース】DIAMOND Online
    【関連掲示板】

    【韓国・文政権の「自主国防思想」で日本が標的になる恐れ、元駐韓大使が解説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【政治】 「どうされたんですか皆さん」過労で入院の小池都知事 公務に復帰「体調万全です」 約1か月ぶりに登庁


    NO.10005797
    「どうされたんですか皆さん」過労で入院の小池都知事 公務に復帰「体調万全です」 約1か月ぶりに登庁
    「どうされたんですか皆さん」過労で入院の小池都知事 公務に復帰「体調万全です」 約1か月ぶりに登庁
     過労を理由に入院し、退院後自宅でテレワークを続けていた東京都の小池百合子知事が、午前11時半ごろ全国知事会に出席するため、およそ1か月ぶりに都庁に登庁し、公務に復帰しました。

     過労を理由に入院し、退院後自宅でテレワークを続けていた東京都の小池百合子知事が、午前11時半ごろ全国知事会に出席するため、およそ1か月ぶりに都庁に登庁し、公務に復帰しました。

    ■「体調も万全で今日からもう通常公務に復帰致します」
     知事は記者団に「本当にご心配おかけしました」「体調も万全できょうから通常公務に復帰します」と語りかけました。

     全国知事会はオンラインで開かれ、小池知事はこの後参加します。

     小池知事は、先月27日から過労を理由に入院し、今月2日に退院していましたが、その後も登庁せず、自宅での静養とテレワークを続けていました。

     公務復帰にあたっては、医師が、過度な疲労は回復し、通常通り公務を行えると判断したということです。


    【日時】2021年11月21日 11:29
    【ソース】TBS News

    【【政治】 「どうされたんですか皆さん」過労で入院の小池都知事 公務に復帰「体調万全です」 約1か月ぶりに登庁】の続きを読む

    このページのトップヘ