さい」などと書いた自薦のはがきを多々出していたという。 その後、毎日放送のラジオ番組『MBSヤングタウン』での笑福亭鶴瓶のトークに魅せられて1981年に弟子入りを志願し、一番弟子となる。鶴瓶の付き人として修行中、毎日放送のテレビ番組『突然ガバチョ!』のレギュラー出演者に抜擢された。
14キロバイト (1,766 語) - 2022年4月30日 (土) 14:13
思い出があったんですね

1 jinjin ★ :2022/05/16(月) 01:16:35.55

落語家、笑福亭鶴瓶(70)が15日、ニッポン放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」(日曜後4・00)に出演。
11日に急死したお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さん(享年61)への思いを語った。


鶴瓶は上島さんの名前は出さなかったが、「2日前にもずっと、みんなもコメントしてますけど、凄*っと一日中それ考えてました。あいつとはキスもしました*。だから俺らの手を止めるぐらいの出来事ですから。考えてしまうっていうんか…」と思いを吐露。


さらに明石家さんまの発言を受けて、「さんまがええコメントしてましたよ。“一番好きなやつが一番嫌いな死に方した”って。俺あんま言いたなかったんですけど、本当その通りですね。お笑い人がみんな傷ついてるっていうんか」と続けた。

「でも良いとこへ、本当に安らいでいただきたいと思いますね、魂が。あんだけ楽しませてくれたんですからね」と追悼した。


鶴瓶は、コロナ下で失業するも再就職することができたというリスナーの投稿に、「大事なのはね、命よりも大切なものは何かっていうたら、自分を楽しむ時間ですよ。自分を楽しむ時間をつくり、そして自分の時間が終わるまで一生懸命生きることです」「就職とかどうとかいうよりも、自分の楽しむ時間をいかにするかっていうことが凄く大事やなって思いますね」とアドバイスを送っていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/d0427327fc0e726ea93eef6c957c9cfe9588a5db