奥菜 (おきな めぐみ、1979年8月6日 - )は、日本の女優、歌手。本名非公開。広島県広島市出身。フリップアップ所属。 日出女子高校卒業。両親とも広島の出身で自身も幼少の頃までは住んでいたが、父親の仕事の都合で上京。広島のことはあまり覚えていないが、家では広島弁と東京弁が混ざった言葉だったという。
21キロバイト (2,170 語) - 2022年5月29日 (日) 00:01

1 湛然 ★ :2022/07/04(月) 05:44:13.60
奥菜恵「変だしやっぱり。危ない人だと」不思議な体験語る
2022年7月4日 2時39分 ナリナリドットコム
https://www.narinari.com/Nd/20220772831.html

(出典 cdn.narinari.com)



女優・奥菜恵(42歳)が、7月2日に放送されたトーク番組「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!」(BS日テレ)に出演。ホラー映画の撮影期間中に起きた“不思議な体験”について語った。

これまで多くのホラー映画に出演してきた奥菜だが、おぎやはぎ・小木博明(50歳)から「ホラー映画っていうと、撮影中にいろんなことが起きるとか、そういうイメージあるじゃない」、矢作兼(50歳)から「なにか(怪奇現象は)あったんですか?」と質問を受ける。

奥菜は「やっぱそういうのはあって」と認め、「私自身が昔から霊感なのか分かんないですけど、見えたりと*るような部分があって。ちょうど『呪怨』の撮影期間だと思うんですけど、寝てたら金縛りにあっちゃって。ブオン!って抜けたんですよ、体から自分が」と、2003年に公開された主演作「呪怨」(清水崇監督)の撮影期間中に“幽体離脱”を体験したという。
それは「天井、突き抜ける~!と思って、突き抜けて。どこかビューってすごい速さで北海道の形が見えるところまで行って。で、また日替わりでまた同じような状況にボンッてなったら、今度は宇宙まで行きました(笑)」と複数回あったそうだが、「夢かもしれないので、あんまりこういうことは言わないようにしてる」とのこと。奥菜自身も客観的に「変だし、やっぱり。危ない人だと(思われる)(笑)」とは思うような体験だったようだ。

(おわり)