ほんこん(1963年〈昭和38年〉6月16日 - )は、日本のお笑いタレント。本名は蔵野 孝洋(くらの たかひろ)。漫才コンビ130Rのツッコミ担当。相方は板尾創路。最近は、それぞれピンでの活動が多い。吉本興業所属。吉本総合芸能学院 (NSC) の4期生。 大阪府大阪市平野区出身。大阪市立東淀工業高…
19キロバイト (2,345 語) - 2022年9月18日 (日) 23:52

ほんこん「菅さんには謝ったんか」 弔辞を“広告代理店演出”発言し謝罪した玉川徹氏に怒り
お笑いタレントのほんこん
 お笑いタレントのほんこん(59)が、30日までに自身のYouTubeチャンネルを更新。27日に日本武道館(東京都千代田区)で営まれた安倍晋三元首相の国葬について、菅義偉前首相の弔辞を“広告代理店の演出”と発言し、謝罪したテレビ朝日の玉川徹氏について持論を展開した。

 国葬では、官房長官として安倍氏を支えた菅義偉前首相が友人代表として追悼の辞を読んだ。生前の2人のやりとりやエピソードが練りこまれ、菅氏の思いがこもった弔辞には、称賛する声が多く上がっていた。

 玉川徹氏は、テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演した際、この弔辞について「これこそが国葬の政治的意図」と指摘。「僕は演出側の人間としてテレビのディレクターをやってきましたから、それはそういうふうに作りますよ。政治的意図がにおわないように、制作者としては考えますよ。当然これ、電通が入ってますからね」と具体名を出し広告代理店が関与しているとした。

 だが、この発言が物議をかもすと、翌日の同番組で「この発言は事実ではありませんでした。さらに、電通は全く関わっていないということが分かりました」と事実誤認による発言だったことを認め「関係者の皆さま、それから視聴者の皆さまに、訂正して謝罪致します。申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 この謝罪についてほんこんは「やり玉に挙げられた菅前首相には謝ったんか」と怒りを込めた。また、玉川氏が「僕は演出側の人間としてテレビのディレクターをやってきましたから、それはそういうふうに作りますよ」と発言していたことについて「全てのディレクターに謝罪せなアカンで。編集として、政治的意図を隠すようなことをしたらあかんちゃうの」と指摘した。

 続けて「昨今の日本のテレビ、偏りすぎ。ああいう素晴らしい弔辞、菅さんは思いのたけをお話されただけだと思いますけど、それを政治的意図と言うのは…そんなことを言う資格があるんでしょうか」と菅氏の思いを踏みにじったとし「胸*悪いと思います」と思いを打ち明けた。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0729d01af25b2cce4611f60beb4c055fb2f59ca7