ごぼうの党(ごぼうのとう、略称:ごぼう)は、日本の政治団体。ごぼうの漢字表記は護防。 ごぼうの党は党首アバターnayuta(ナユタ)が2022年6月に立ち上げた。nayutaは脳に難病がある実在する男性がモデルで、応援の意味を込めて起用した。 2022年7月に実施された第26回参議院議員通常選挙にて…
17キロバイト (2,185 語) - 2022年9月30日 (金) 04:47

ごぼう代表「サングラス謝罪」に批判噴出 花束投げ捨てたのに...「身バレしたくない」正装拒否

 政治団体「ごぼうの党」の奥野卓志代表が、格闘技興行「超(スーパー)RIZIN」リング上で花束を投げ捨てた問題について、YouTuberのヒカルさんが2022年9月29日に公開した動画で謝罪した。


 動画を見た人からは、謝罪時の奥野氏の服装と、「身バレしたくない」とする主張に疑問の声があがっている。

■「とんでもない過ちをしてしまったのかな」

 ヒカルさんは29日、「メイウェザー選手に花束を放り投げ大炎上中の張本人を呼び出しました」と題した動画を公開した。

 ヒカルさんは「正直奥野さんのあの件に関して、僕は100%(奥野氏が)悪いと思ってると。弁明の余地も正直ないと思ってる」として、歳上である奥野氏に対し厳しく反省を促したと語った。

 奥野氏は「実際自分が思うところはある」とするも、「あの行為自体は、あの場に決して適切ではなかったという風に、深く思いました」「とんでもない過ちをしてしまったのかなと」と反省を口にした。

 奥野氏は、関係者や視聴者に向け「私がやった行為が、あの場に適切ではなかったという風に私も理解しておりますので、そのことに関してはまずこの場で謝罪をさせていただきたいと思います。申し訳ありませんでした」と謝罪。さらに、花束を手渡すはずだったフロイド・メイウェザー・ジュニア選手個人に向けても頭を下げた。

 こうした謝罪動画に出演した際の奥野氏は、グッチのロゴが全体にあしらわれたカラフルなセットアップに黒いインナーを合わせ、長い髪をまとめ赤いフチのサングラスをかけたラフな姿だった。

 ヒカルさんは、奥野氏の服装についても言及。「本当はこの格好も正装の方がいいんじゃないかっていうのは思ったんですけど、奥野さんは奥野さんで『身バレが一応したくない』と。サングラスはそこがあるんでしてる。本当はそれでも外した方がいいとは思うけど、でもそこって強要するものでもないと思うので。僕はそこは一応、仕方ないかなっていう風に思いました」とした。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/ce200367728973766f40435a72ccef047e291ad3