萬ブログ

萬ブログはまとめサイトです。 主に世の中にある私的に興味のあるネタを中心に, 皆様へお届けするゆる~いまとめサイトです。

    カテゴリ: ニュースその他

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    韓国メディア、日本政府の旭日旗動画に反論も矛盾 - 国際ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


    NO.9927196
    韓国メディア、日本政府の旭日旗動画に反論も矛盾
    韓国メディア、日本政府の旭日旗動画に反論も矛盾
    動画は英語のみの配信だったが、今月8日から日本語や韓国語など9カ国語を加えて配信を開始した。旭日旗が日の出をかたどった意匠で、日本国内で長い間広く使用されているといった説明をしている。

    これに対し、韓国のOBS京仁テレビが11日、日本政府を批判した。外務省の動画で日の出をあしらったデザインが2010(平成22)年11月に韓国ソウルで開催された20カ国・地域(G20)首脳会議のロゴでも使われていたと紹介していることに対し、OBS京仁は灯籠を模した柄だと主張。日本政府の動画を「こじつけを盛り込んだ映像を製作し、全世界に配信した」などとした。

    だが、韓国政府は同年7月8日付の政府公式サイトで、G20のロゴについて「東海(正式には日本海)に昇る太陽と韓国伝統の灯籠『チョンサチョロン』」を模していると説明。韓国政府は日の出をかたどったロゴであることを認めており、韓国メディアの報道内容には矛盾が生じている。

    外務省は韓国語のほか、フランス語やドイツ語、タイ語などでも配信を始めた。この影響もあってか、もともと配信されていた英語版は今月7日時点で再生回数が1万5000回超だったが、15日の段階で3万回を突破。約1週間で2倍に急増しており、発信力の強化に弾みをつける形となっている。

    【日時】2021年10月18日 6:25
    【ソース】SankeiBiz
    【関連掲示板】

    【韓国メディア、日本政府の旭日旗動画に反論も矛盾  #韓国 #日韓問題 #旭日旗】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    稲田朋美氏が謎画像を投稿 ピンクのワンピースで田んぼのあぜ道を激走 - 政治・経済ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


    NO.9926547
    稲田朋美氏が謎画像を投稿 ピンクのワンピースで田んぼのあぜ道を激走
    稲田朋美氏が謎画像を投稿 ピンクのワンピースで田んぼのあぜ道を激走
    自民党の稲田朋美氏(62)が17日、ツイッターを更新。謎の画像を投稿し、物議をかもしている。

    稲田氏は「衆議院が解散されました! 19日からの選挙戦、最後まで突っ走ります! 10月31日投開票です」とツイート。なんてことない内容だが、添付された画像がくせ者だった。

    おそらく地元福井と思われる田んぼの風景に稲田氏と農作業をする男性が写り込んでいる。稲田氏は田んぼに不似合いなピンクのワンピースを着て、あぜ道を走っている。農作業の男性はそんな稲田氏の後方から声をかけているようにも見える。どういう写真なのか解説はない。

    このツイートに対しては「笑わせに来てる?」「冗談の画像だと思いました」「中々シュールな絵面ですね」と笑いと困惑の声が寄せられている。また、画像に加工をほどこして大喜利をするユーザーもチラホラ出てきていた。

    【日時】2021年10月17日 16:52
    【ソース】東スポWeb
    【関連掲示板】

    【稲田朋美氏が謎画像を投稿 ピンクのワンピースで田んぼのあぜ道を激走  #稲田朋美 #謎画像 #自民党 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    稲田朋美氏が謎画像を投稿 ピンクのワンピースで田んぼのあぜ道を激走 - 政治・経済ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


    NO.9926547
    稲田朋美氏が謎画像を投稿 ピンクのワンピースで田んぼのあぜ道を激走
    稲田朋美氏が謎画像を投稿 ピンクのワンピースで田んぼのあぜ道を激走
    自民党の稲田朋美氏(62)が17日、ツイッターを更新。謎の画像を投稿し、物議をかもしている。

    稲田氏は「衆議院が解散されました! 19日からの選挙戦、最後まで突っ走ります! 10月31日投開票です」とツイート。なんてことない内容だが、添付された画像がくせ者だった。

    おそらく地元福井と思われる田んぼの風景に稲田氏と農作業をする男性が写り込んでいる。稲田氏は田んぼに不似合いなピンクのワンピースを着て、あぜ道を走っている。農作業の男性はそんな稲田氏の後方から声をかけているようにも見える。どういう写真なのか解説はない。

    このツイートに対しては「笑わせに来てる?」「冗談の画像だと思いました」「中々シュールな絵面ですね」と笑いと困惑の声が寄せられている。また、画像に加工をほどこして大喜利をするユーザーもチラホラ出てきていた。

    【日時】2021年10月17日 16:52
    【ソース】東スポWeb
    【関連掲示板】

    【稲田朋美氏が謎画像を投稿 ピンクのワンピースで田んぼのあぜ道を激走  #稲田朋美 #謎画像 #自民党 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    天理ラーメンの老舗「彩華ラーメン」に挑戦したら、寒い季節に最適な極上のスタミナ野菜料理でした - ニュース総合掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


    NO.9928030
    天理ラーメンの老舗「彩華ラーメン」に挑戦したら、寒い季節に最適な極上のスタミナ野菜料理でした

    確かにこれは美味しいご当地ラーメンですが、それ以上に野菜料理として驚きのクオリティでした。
    天理教の本部があることから、日本有数の宗教都市として知られる奈良県天理市。市の名前も天理教由来という筋金入りですが、そんな天理を全国区にしているもうひとつの要素が天理ラーメンです。
    天理ラーメンはトンコツ、鶏ガラをベースにした醤油ダレがメインで、中国のラージャンとニンニクがぶち込まれ、ピリ辛かつスタミナたっぷりのスープが特徴。
    そこに炒められた多量の白菜や豚肉、ニラにニンジンが載せられ、これからの寒い季節にはたまらない満腹メニューとなっています。
    今回訪れたのは「天理スタミナラーメン」と並び立つ天理ラーメンのツートップ、「彩華ラーメン」の本店です。駐車場は広めですがやはり人気。名前を書いて待つスタイルです。

    昭和43年創業。「心も体も温まる」味はこれからの秋冬にぴったりです。

    老舗の有名店だけにテレビなどでも時折紹介されますね。駐車場にも各地のナンバーが並んでいました。

    コロナ禍で時短ながら深夜0時まで営業していました。通常なら午前3時までという、空腹を絶対見逃さないガチっぷりに心意気を感じます。

    外にはベンチが並び、ここでも待てます。店内は明るくて広く清潔。回転も予想以上に速いですね。

    30分も待たずに着席。現在は東海地区にも展開しているようです。

    初報麺ならオーダーすべきは左側の「サイカラーメン」。ニンニク入りなので、デートの際はふたりとも入りを頼む方がいいはず。

    餃子や唐揚げなどの一品料理も。昭和創業のラーメン屋は街中華の息吹をどこかに残しているのが高ポイントです。

    卵かけご飯が推しの模様。

    ラージャンやニンニクはここでマシマシにできます。入れなければそこまで辛くはないのでご安心を。

    やってまいりました。バラチャーシュー載せの小(1玉)です。普通のラーメンのサイズですね。

    そしてこちらが大(2玉)。どれだけ大きいかというと…。

    まさに2倍、おじけづく大きさです。大人と子供くらい違います。

    ピリ辛版のタンメンと言えば、味の方向性としてはちょっと想像が付きやすいかもしれません。ですが素晴らしいのは、炒めた野菜とスープが一切の「段差」を感じさせず、味がぴったりと調和していること。ピリ辛さとニンニクが食欲をそそり、食べる手を止めさせません。

    麺は強く主張せず、スープと野菜を後ろから引き立てます。食べるスタミナ野菜スープでも飲む野菜炒めでもあり、どちらと考えても極上。強めの味ながらこってりはしすぎず、いくらでも食べられるのが驚きです。

    そして味変タイム。追いラージャンと追いニンニクを投入。さらにがっつりなスタミナ味に変身です。確かにここで卵かけご飯があればブーストされると思いつつ、大を頼んでいたのでここは断念。

    食べ終わるとひたすらに体が燃えてシャキッとします。ラージャンの唐辛子とニンニクのパワー、そしてあのボリューム感で疲れていても一気に回復させるあたり、評判に偽りはありません。
    大阪や京都からわざわざ足を伸ばしてみる価値は十分にありです。
    【日時】2021年10月18日 21:30
    【提供】Buzzap!

    【天理ラーメンの老舗「彩華ラーメン」に挑戦したら、寒い季節に最適な極上のスタミナ野菜料理でした  #ラーメン #天理ラーメン #スタミナ野菜料理】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    中央アジアとアフガニスタンが「中国の墓場」になる - 国際ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


    NO.9927121
    中央アジアとアフガニスタンが「中国の墓場」になる
    中央アジアとアフガニスタンが「中国の墓場」になる
    ■アレキサンダー大王から米軍まで、迎えては送り出してきた世界的要衝へ向かう習政権の命運は
    2019年夏のある日、私はウズベキスタン共和国西部のカルシ市から南へ向かっていた。

    「米空軍はここから飛び立っていった」と、現地案内人の知識人は語る。羊の群れが悠然と草を食は むのどかな草原だが、川の向こうのアフガニスタンを眺め、改めてその戦略的重要性を認識した。

    その要衝に、中国が早速触手を伸ばし始めている。一帯一路構想の拡充を目指す上で是が非でも押さえたい地域であり、その重要性は歴史的変遷が証明している。

    アフガンが世界中から注目されているのは、地政学的に中央アジアの一部を成しているからだ。同国の重要性はユーラシアが世界史の舞台となって以来、変わらない。カルシとは、テュルク・モンゴル語で「天幕式宮殿」の意。14世紀にチンギス・ハンの一族が遠征中にこの付近に移動式天幕宮殿を張っていたことに由来する。

    チンギス・ハンはモンゴル高原を統一するとすぐに中央アジア遠征に着手し、パミール高原以北のアム川とシル川流域に7年間も滞在した。彼の創建した世界帝国は、中央アジアを中心に東西南北へと延伸していた。カルシ市の北東に自他共にモンゴル帝国の後継者と認めるティムールの生まれ故郷がある。彼は何回もパミールを越えてアフガンとインド方面を抑え、帝国の南方を安定的に経略した。

    16世紀になると、ティムール朝の王子バーブルは別のチンギス・ハンの子孫に追われてインドへ逃れ、かの地でムガール朝を創設。ムガールとは、「モンゴル」のペルシア語風の転訛(てんか)かだ..
    【日時】2021年10月18日 11:32
    【ソース】ニューズウィーク
    【関連掲示板】

    【中央アジアとアフガニスタンが「中国の墓場」になる   #チャイナバブル #崩壊 #中国破綻 #他国への影響】の続きを読む

    このページのトップヘ