萬ブログ

萬ブログはまとめサイトです。 主に世の中にある私的に興味のあるネタを中心に, 皆様へお届けするゆる~いまとめサイトです。

    カテゴリ: オリンピック

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    テレビ朝日スポーツ局員が「五輪ドラえもんバッジ」をメルカリで転売 - 事件・事故掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9856665
    テレビ朝日スポーツ局員が「五輪ドラえもんバッジ」をメルカリで転売
    テレビ朝日スポーツ局員が「五輪ドラえもんバッジ」をメルカリで転売
    テレビ朝日(本社・東京都港区)の複数のスポーツ局局員が、自社で製作した東京五輪関係者用のピンバッジを社内から持ち出してネット上で転売し、多額の利益を得ていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

    ネット上で様々なものを個人が売買できるフリマアプリ「メルカリ」上で〈ドラえもん 東京2020 非売品 メディアピン〉と記された五輪ドラえもんピンバッジが、ひとつ2万円から3万円で販売されていた。非売品だけに、テレビ朝日内部で波紋を呼んでいたという。テレ朝関係者が苦渋の表情でこう明かす。

    「お恥ずかしい話なのですが、これを転売して小遣い稼ぎをしているのは、うちのスポーツ局局員のようなんです。一部の社員の失態でスポーツ局全体の信用が落ちるのは本当に許せないのですが……」(テレビ朝日関係者)

    商品説明の欄には確かに〈関係者のみ手に入る大変貴重なピンバッジです〉とある。

    「このピンバッジはテレ朝スポーツ局の経費で製作され、限定3000個の非売品。海外メディアや選手に配布するために作られたものです。日本のアニメは世界的に人気がありますが、その代表格であるドラえもんがあしらってあるため、関係者の間でも評判の品。でも、スポーツ局の人間なら、関係者に渡すふりをして持ち出せる」(同前)

    内部で“転売ヤー”の存在が噂になり、犯人としてA氏とB氏の名前が浮上した。

    【日時】2021年09月21日 17:00
    【ソース】文春オンライン

    【テレビ朝日スポーツ局員が「五輪ドラえもんバッジ」をメルカリで転売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    トヨタ社長 またも五輪に反旗「五輪は許され、四輪は許されない」 ブレない姿勢に称賛の声 - スポーツニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9849099
    トヨタ社長 またも五輪に反旗「五輪は許され、四輪は許されない」 ブレない姿勢に称賛の声
    トヨタ社長 またも五輪に反旗「五輪は許され、四輪は許されない」 ブレない姿勢に称賛の声
     五輪の最高位スポンサーでもあるトヨタ自動車・豊田章男社長が再び五輪へ強気な姿勢を見せた。

     豊田社長は18日、三重県鈴鹿市内で行われた会見に出席。国内の自動車レースがコロナ禍で中止になっている現状を受けて「五輪が許され、四輪や二輪は許されない。不公平と感じます」と発言した。

     国内の自動車レースを巡ってはFIシリーズの日本グランプリ(10月、三重)、世界ラリー選手権「フォーラムエイト・ラリージャパン」(11月、愛知・岐阜)などが中止。豊田社長は「モータースポーツもアスリート。同じアスリートに対して、どうして入国に対して許可が違うのか、開催の判断が違うのか」と持論を述べた。

     今回の発言はあくまで「日本自動車工業会会長として」との〝注釈〟がついたが、ネット上では「スポンサーなのによく言った!」「確かに不公平だ」と賛同の声が相次いだ。また、五輪と四輪を引っ掛けたコメントも「うまいこと言うね」「座布団1枚あげて!」「タイヤを1輪増やせば開催できる」と絶賛されている。

     トヨタ自動車は五輪の最高位スポンサー(ワールドワイドオリンピックパートナー)。東京大会の開幕直前には五輪関連の国内CMを見送ることを発表し、豊田社長が開会式に出席しない方針を示して話題となっていた。

     五輪に対して毅然としたブレない態度を取る豊田社長には賛否あるものの、現状では称賛の声が多数を占めている。

    【日時】2021年09月18日 19:36
    【ソース】東スポWeb

    【トヨタ社長 またも五輪に反旗「五輪は許され、四輪は許されない」 ブレない姿勢に称賛の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「韓国ラグビー、負けたら文句を言いながら言い訳ばかり探していた」 - 国際ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9851634
    「韓国ラグビー、負けたら文句を言いながら言い訳ばかり探していた」
    「韓国ラグビー、負けたら文句を言いながら言い訳ばかり探していた」
    ラグビー7人制男子で韓国は東京オリンピックに出場した12カ国中最下位に終わった。それでも選手たちには帰国後、テレビ出演やインタビューなどの要請が相次いだ。1位だけが拍手と称賛を受けてきた韓国のスポーツ文化が変わりつつあることを示したのが今回のラグビー代表チームだ。98年にわたる無関心に耐え、オリンピックの舞台に初めて立ったことだけで喝采を浴びたのだ。

     単にオリンピックに出場しただけではない。「ラグビーのヒディンク」と呼ばれる韓国代表のチャールズ・ロウ・コーチ兼競技力向上委員長の手腕がそこにあった。彼が立てた戦術で韓国は2019年11月のアジア最終予選で香港を破り、初めてオリンピック出場権を獲得。それが今夏の東京につながった。選手たちは「ロウ・コーチがいなければ何もできない」としてロウ氏を絶対的に信頼した。輝かしい最下位たちのエピソードが気になって先日ラグビーのヒディンクを取材した。ロウ氏は「今回のオリンピックでうまくやれたことは10%、できなかったことは90%」と苦言を呈した。「愛しているから批判する」とも語った。ロウ氏は今から2024年のパリ・オリンピックを目指すが、その一方で「全てのシステムを修正しなければならない。韓国のアマチュアスポーツには大ざっぱなやり方があまりにも多い」と指摘した。

    【日時】2021年09月19日 05:31
    【ソース】朝鮮日報

    【「韓国ラグビー、負けたら文句を言いながら言い訳ばかり探していた」 - 国際ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    韓国人の私が、東京五輪で「“韓国人であること”は恥ずかしい」と強烈に感じたワケ - 国際ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9850130
    韓国人の私が、東京五輪で「“韓国人であること”は恥ずかしい」と強烈に感じたワケ
    韓国人の私が、東京五輪で「“韓国人であること”は恥ずかしい」と強烈に感じたワケ
    ■「韓国人である」ということを恥ずかしく思った
    東京五輪を見ていて、韓国人だということを恥ずかしく思う場面が何度もあった。

    「地球村祭り」とも言われる東京五輪が、パラリンピックの日程も終えてすべて閉幕した。2020年に開かれるはずだったが、新型コロナウイルスの影響で1年間延期され、今年7月に開幕した。

    五輪は私にとって特別なイベントだった。ただし前回までは、だ。

    これまでは友達同士が集まって観戦したし、韓国選手の競技結果を心待ちにした。

    しかし、今回の東京五輪は、韓国人ということが恥ずかしくなることがたびたびあった。

    特に韓国と日本が対決する競技で、インターネットコミュニティに掲載された日本非難は、オリンピックより文在寅政権の反日扇動に熱狂していたように映った。

    五輪の核心は「友情(friendship)」「尊敬(respect)」「卓越(excellent)」だ。

    人種や宗教、理念を離れ、全世界のアスリートたちが集まって、公正なスポーツ競争で和合し、一つになって楽しむ祝祭だ。

    それにもかかわらず、韓国メディアは連日のように東京五輪に対する不平と不満を表出する刺激的な内容の記事を掲載した。まるで、文在寅政権が掲げてきた「反日」が五輪でも醜態を見せたようだった。

    【日時】2021年09月19日 07:32
    【ソース】現代ビジネス
    【関連掲示板】

    【韓国人の私が、東京五輪で「“韓国人であること”は恥ずかしい」と強烈に感じたワケ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「奴隷のような扱いをされて今は悲哀しかありません」 時給1500円の五輪アルバイト清掃員の毎日新聞記事が話題に - ニュース総合掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9833627
    「奴隷のような扱いをされて今は悲哀しかありません」 時給1500円の五輪アルバイト清掃員の毎日新聞記事が話題に

    9月12日、毎日新聞に

    「夢壊された」 感染おびえ、残飯処理 五輪清掃員が感じた失望
    https://mainichi.jp/articles/20210911/k00/00m/040/079000c[リンク]

    という記事が掲載された。
    50代の女性が東京五輪の清掃アルバイトを行ったが、とても大変で奴隷のように感じたという内容。

    時給は1500円。研修も含め21日間働いて女性が手にするのは18万円ほどだ。「これまではテレビでオリンピックに熱狂して美しい部分しか見てこなかったけど、夢が壊される思いがしました。今まで15くらいのバイトをしてきましたが、一番のブラックバイトでした」

    とあり、『Yahoo!』にも配信されていたが、13日の時点で記事は削除されているようである。

    記事は大きな反響を呼び、Twitterでは賛否さまざまな意見が寄せられていた。



    「奴隷のような扱い」で時給1500円、ということにもさまざまなツッコミが入っていたが、掲載した毎日新聞の校閲契約スタッフの時給が1200円だというのを指摘する声も複数あったようだ。

    参考:
    校閲契約スタッフ、募集
    https://www.mainichi.co.jp/saiyou/recruit/part-time.html

    ※画像は『Twitter』より
    『Twitter』の埋め込み機能を使用し表示しています。ツイートが見れない方はコチラ
    https://getnews.jp/archives/3107607[リンク]

    【日時】2021年09月13日
    【提供】ガジェット通信
    【関連掲示板】

    【「奴隷のような扱いをされて今は悲哀しかありません」 時給1500円の五輪アルバイト清掃員の毎日新聞記事が話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ