萬ブログ

萬ブログはまとめサイトです。 主に世の中にある私的に興味のあるネタを中心に, 皆様へお届けするゆる~いまとめサイトです。

    カテゴリ:ニュースその他 > 災害

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    大寒波襲来 「数年に一度」強烈寒波で積雪1メートル超も 北海道で今季最低マイナス27.5℃観測

    近畿でも寒いですからねー

    NO.10080613
    「数年に一度」強烈寒波で積雪1メートル超も 北海道で今季最低マイナス27.5℃観測
    「数年に一度」強烈寒波で積雪1メートル超も 北海道で今季最低マイナス27.5℃観測
     数年に一度のレベルの強烈な寒波の影響で日本海側を中心に警報級の大雪になる恐れが出ています。この後、週明けにかけて1メートル以上の積雪が予想される地域もあります。

     クリスマスの25日、日本付近には数年に一度の強烈な寒波が流れ込み、各地で荒れた天気となりました。

     青森市では断続的に雪が降っていて大雪や風雪、雷、なだれなどの注意報が発表されています。

     秋田市では24日午後の積雪は0センチでしたが、25日一日で状況が一変しました。

     今後、猛吹雪や警報級の大雪に警戒が必要です。

     雪による事故でしょうか。札幌市では…。

     通報した登山客:「雪に埋もれているテントを発見して中に人がいるようだ」

     通報したのは空沼岳の万計沼付近を通っていた登山客でした。

     消防によりますと、ヘリコプターでテントを発見し、救助隊がテントにいる30代の男性を見つけました。

     男性は意識不明の状態で病院へ搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。

     北海道歌登では今シーズン全国の最低気温となるマイナス27.5度を観測しました。

     この強烈な寒波の影響で25日夜には雪の範囲が急速に広がる見込みです。

     気象予報士・佐藤圭一さん:「今夜から西日本の大雪のピークとなりまして、山陰地方はもちろん近畿など西日本の市街地でも雪が10センチ以上積もるところもありそうです。普段、雪に慣れていないところですので、車の立ち往生だったり交通機関の大きな乱れ、集落の孤立などに十分な注意が必要です。不要不急はできるだけ控えた方がいい、そんなレベルの寒波になりそうです」

     ..


    【日時】2021年12月25日 17:50
    【ソース】テレ朝news

    【大寒波襲来 「数年に一度」強烈寒波で積雪1メートル超も 北海道で今季最低マイナス27.5℃観測】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「日本沈没」は始まっている 中部地方が沈没して本州が2つの島に? - ニュース総合掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


    NO.10053369
    「日本沈没」は始まっている 中部地方が沈没して本州が2つの島に?
    「日本沈没」は始まっている 中部地方が沈没して本州が2つの島に?
    2つのプレートが海溝から沈み込み「世界一の変動帯」と言われる日本列島だが、地盤(地殻)は軽くて浮かんでいるために、日本沈没はありえない。しかしこれは日本列島全体を見た場合のことだ。実は、「沈没」が起きている場所もある。

    中部(伊勢湾―琵琶湖―若狭湾)沈降帯

    伊勢湾と若狭湾が内陸へ入り込み、さながら日本列島の「くびれ」のように見える。さらにこの地帯には、日本最大の湖である琵琶湖も位置する(図1)。この地形から、1960年代には「中部横断運河」の建設が検討されたこともあった。

    このようなくびれが生じるのは、この地帯が沈降、すなわち周囲の地盤に対して沈んでいるからだ。

    若狭湾には沈降海岸である「リアス海岸」が発達し、特にその東端では断層に沿って急激に落ち込んでいる。また琵琶湖は、低地(盆地)が南から移動して約100万年前にほぼ現在の位置までやってきた。濃尾平野が広がるのは、地盤が沈降してその凹地に土砂が厚く堆積したからだ。そして伊勢湾は西と東に走る断層によって大きく沈んでいる、南北に延びる知多半島は、この地殻変動に取り残された陸地なのだ。これが中部沈降帯(伊勢湾―琵琶湖―若狭湾沈降帯)である。

    中部沈降帯はいつから沈み出したのか?

    東海地方から琵琶湖周辺の地層から判断すると、この沈降帯は400~300万年前からでき始めたようだ。300万年前には、それ以前は北向きに沈み込んでいたフィリピン海プレートが、太平洋プレートに押し負けて「45度カックン」とその運動方向を変えてしまった。この大事件が中部沈降帯の形成を加速したと考えられる。

    沈降のメカ..
    【日時】2021年12月12日 10:52
    【ソース】Yahoo!ニュース
    【関連掲示板】

    【【映画「日本沈没」が現実に?】琵琶湖が海になって、日本列島が分断?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【大震災は間もなくか?】 震度5弱の地震が続く日本、南海トラフ巨大地震が襲うのは?

    大震災に対する準備を!

    NO.10050164
    不気味な揺れが続く日本を「南海トラフ巨大地震」が襲う日
    不気味な揺れが続く日本を「南海トラフ巨大地震」が襲う日
    「南海トラフ地震はすでに始まりかけています。太平洋プレートが活発化した影響で、フィリピン海プレートに大きな負荷がかかっているのです。各地で立て続けに起こっている地震や火山噴火がその証拠。政府の想定をはるかに越える巨大地震がいつ起きても不思議ではありません」(立命館大学環太平洋文明研究センターの高橋学特任教授)

    12月3日午前、山梨県・富士五湖と和歌山県・紀伊水道で震度5弱の強い地震が起こった。さらに、4日から鹿児島県・トカラ列島近海で200回以上の揺れが継続的に観測されている(12月7日時点)。

    「南海トラフ」とは、東海地方から四国西部まで約700㎞にわたって走っている水深4000mの深い溝の呼称だ。南海トラフではフィリピン海プレートがユーラシアプレートの下に深く沈み込んでおり、過去にはここを震源とする大地震が10回記録されている。FRIDAYはこれまで再三、『南海トラフ巨大地震』がすぐそこに迫っていると警告してきたが、高橋氏はついにカウントダウンが始まったというのだ。

    【日時】2021年12月11日 11:02
    【ソース】FRIDAY

    【【大震災は間もなくか?】 震度5弱の地震が続く日本、南海トラフ巨大地震が襲うのは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    禎哉、寺本陽子「近代以降の吐鳴刷列島に於ける村落構造の変貌-宝島を事例として-」『歴史地理学紀要』日本歴史地理学研究会編(1959年) 十島村 日本の秘境100選 トカラウマ、トカラヤギ、トカラハブ(在来種・固有種) 本土復帰 トカラ列島島めぐりマラソン大会 鹿児島県十島村 - 公式サイト 十島村のフェリー情報 トカラ旬鮮市
    28キロバイト (3,064 語) - 2021年12月6日 (月) 14:53


    マジで南海トラフとかヤバくね?

    1 ぐれ ★ :2021/12/09(木) 21:43:01.69

    ※12/9(木) 18:55南日本新聞

     十島村悪石島で9日午前に震度5強を観測した地震で、村は同日夕、島外避難を希望する住民33人を村営フェリーで避難させることを決めた。

     悪石島などトカラ列島近海では4日以降、地震が続発している。

     村によると、フェリーは11日午前9時半ごろ奄美に向けて悪石島を出発し、午後3時半ごろ着く。悪石島に引き返し、鹿児島行きの避難者を乗せて12日午前7時15分ごろ出港し、同日午後6時20分に鹿児島に到着する計画。

    続きは↓
    Yahoo!ニュース: 【速報】悪石島住民33人が島外避難へ 震度5強地震受け 村営フェリーで奄美、鹿児島市に 11~12日出港 トカラ列島地震(南日本新聞) - Yahoo!ニュース.
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8247b18d5ae9fc00457f07aa4e166039e9d98bdf


    【【日本全土に警戒勧告?】 トカラ列島地震 悪石島住民33人が島外避難へ 震度5強地震受け】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【震災】 トカラ列島で地震170回超「日本全土要警戒」専門家

    そろそろか?南海トラフ・・・

    NO.10040427
    トカラ列島で地震170回超「日本全土要警戒」専門家
    トカラ列島で地震170回超「日本全土要警戒」専門家
     鹿児島県のトカラ列島近海で、4日から170回以上の地震が観測されています。専門家は日本列島全体に警戒が必要だとしています。

     四方を青い海に囲まれた絶壁からなる島々。

     鹿児島県南部の海に浮かぶ、12の島々からなる“トカラ列島”。相次ぐ地震に眠れぬ夜が続きます。

     悪石島で民宿を営む女性:「夜も不安で寝られなくて、とても不安でいつでも避難できるように、リュックに必需品を詰めて準備をしている」

     十島村役場:「『寝つきが悪い』とか『睡眠障害』そういう報告が上がっている」

     6日も震度3を観測した悪石島。その悪石島がある十島村では、震度1以上が4日から6日まで、実に173回観測されました。

     相次ぐのは地震だけではありません。

     悪石島で民宿を営む女性:「最近は頻繁に噴火している。戸が開けられないほど灰が降ってくる」

     専門家はトカラ列島だけの話ではないとしています。

     東海大学海洋研究所、地震予知・火山津波研究部門、長尾年恭客員教授:「トカラ列島で起きていることは九州だけの問題ではなく、中部日本でも例えば3日には山梨県で大きな地震が起きたし、能登半島周辺でも非常に活発な活動が続いている」

     和歌山や山梨で相次いだ地震。大きな噴火もありました。

     東海大学海洋研究所、地震予知・火山津波研究部門、長尾年恭客員教授:「福徳岡ノ場の噴火が8月にあって、軽石が非常に出て問題になっている。この噴火は100年に1回規模の非常に大きな噴火」

     その2カ月後には、熊本県阿蘇山も噴火。

     今後、トカラ列島のある鹿児島、そして日本列島全体も警戒が必要と..
    【日時】2021年12月06日 18:43
    【ソース】テレ朝news
    【関連掲示板】

    【【震災】 トカラ列島で地震170回超「日本全土要警戒」専門家】の続きを読む

    このページのトップヘ