萬ブログ

萬ブログはまとめサイトです。 主に世の中にある私的に興味のあるネタを中心に, 皆様へお届けするゆる~いまとめサイトです。

    カテゴリ: プロ野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    10連敗の巨人、万が一CS進出逃せば原監督の電撃辞任もあるか - スポーツニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9924684
    10連敗の巨人、万が一CS進出逃せば原監督の電撃辞任もあるか
    10連敗の巨人、万が一CS進出逃せば原監督の電撃辞任もあるか
     過去の大型連敗と一体、何が違うのか。10月16日、巨人が広島に7対8で敗れて10連敗を喫した。今シーズンずっとBクラスに沈んでいた4位・広島に3ゲーム差と迫られ、盤石と思われていたクライマックスシリーズ進出を不安視する声まで出るようになった。

     監督通算16年目を迎える原辰徳監督は優勝9回、日本一3回と栄光を手にした一方で、屈辱も経験している。1次政権の2003年には9月5日から16日まで9連敗。就任2年目の原監督の辞任の呼び水となった大型連敗時は、清原和博やロベルト・ペタジーニという主力がスタメン出場していたにもかかわらず、連敗中の平均得点は「1試合3点」と自慢の打線が爆発しなかった。プロ野球担当記者が話す。

    「今年の連敗はこの時と似ていますね。打てないこともそうですし、連敗中に優勝の可能性が完全に消滅したことも同じです。目標を失って、ズルズルと負けてしまった印象です」(以下同)

     2003年の連敗時は、9月17日の中日戦で桑田真澄が連敗を止めたものの、18日に渡邉恒雄オーナーが続投について『20日からの阪神戦で3連敗したら話は別だ』と発言。フロントとの確執もあったのか、原監督は9月19日に辞任を申し入れ、翌日に報道された。その日から巨人は残り9試合7勝1敗1分と巻き返している。その原監督が復帰した1年目の2006年には6月6日から8連敗、18日から10連敗、7月4日から9連敗と3度の大型連敗があった。

    「この時は、ケガ人の続出が大きな理由でした。5月下旬に開幕から5番を打っていた高橋由伸が左肩痛で離脱。6月2日にはキャプテンの小久保裕紀が右手親指骨折をした。阿部慎之助も右手親指打撲で6月下旬..
    【日時】2021年10月17日 11:05
    【ソース】NEWSポストセブン

    【10連敗の巨人、万が一CS進出逃せば原監督の電撃辞任もあるか  #巨人 #連敗 #クビ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引退登板の斎藤佑樹が会見「基本的にいつも苦しかった」11年間振り返り苦笑い - スポーツニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9924702
    引退登板の斎藤佑樹が会見「基本的にいつも苦しかった」11年間振り返り苦笑い
    引退登板の斎藤佑樹が会見「基本的にいつも苦しかった」11年間振り返り苦笑い
     今季限りで現役を引退する日本ハムの斎藤佑樹投手(33)が17日、引退登板が予定されているオリックス戦前に会見に臨んだ。

     グレーのスーツに紺色のネクタイで姿を見せた斎藤は、「今シーズンをもって引退することを決断しました。プロ生活11年間、温かいご声援をありがとうございました」とあいさつした。

     引退を表明してから2週間が経過した。「長いようで、この11年間は短く感じましたし、今日が最後なのは信じられないくらい」と心境を語った。引退登板の場が与えられたことに「この日を準備してくれて感謝しています」と述べた。

     引退を踏み切ることについて「迷いがないといえば、嘘になる。最後はしっかりと決断できました」と悩んだ末の決断だったことを明かした。家族からは「よく頑張った、ということと、『ここまで面倒を見てくれたファイターズに感謝だね』と言われた」と振り返った。

     日本ハムのチームメート、スタッフには「本当にファイターズにはいい人ばっかり(いる)なので、今この幸せな気持ちでいられるのは皆さんのおかげ。ファイターズでプレーができて本当によかったなと思います」とした。

     うれしかったことに、12年シーズンの開幕投手を務め、勝ち投手になったことを挙げた斎藤は、苦しかったことについては「基本的にいつも苦しかった」と苦笑いしていた。

     斎藤は、昨年秋に右肘じん帯を負傷し、今季の復活をかけて調整していたが、この日まで1軍登板はなし。引退を表明した際も話していた通り、「21年のシーズンで結果が出なければと思っていた」と引退を決断した..
    【日時】2021年10月17日 09:17
    【ソース】デイリースポーツ

    【引退登板の斎藤佑樹が会見「基本的にいつも苦しかった」11年間振り返り苦笑い #ハンカチ王子 #引退】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    斎藤佑 最速120km台に呆れ 「一軍復帰は絶対無理」呆れ声 致命的な欠陥を露呈? 球界OBも辛らつ指摘「どれも棒球」 - スポーツニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9846724
    斎藤佑 最速120km台に呆れ 「一軍復帰は絶対無理」呆れ声 致命的な欠陥を露呈? 球界OBも辛らつ指摘「どれも棒球」
    斎藤佑 最速120km台に呆れ 「一軍復帰は絶対無理」呆れ声 致命的な欠陥を露呈? 球界OBも辛らつ指摘「どれも棒球」
     16日に行われた二軍・日本ハム対ロッテ戦。「6-2」で日本ハムが勝利したこの試合に先発した、日本ハムのプロ11年目・33歳の斎藤佑樹の投球がネット上で物議を醸している。

     この日の斎藤は初回にヒット、暴投でいきなり無死二塁のピンチを招くも、二走・西巻賢二の走塁死にも助けられ辛くも無失点でしのぐ。続く2回は先頭の西川僚祐に左翼場外への特大ホームランを被弾したが、その後は失点を重ねることはなく「2回1失点・被安打2・死球1」という投球内容で降板した。

     問題となっているのは斎藤が投げた球の球速。この日の斎藤はストレート(最速122キロ)、ツーシーム(同127キロ)、カットボール(同123キロ)、チェンジアップ(同123キロ)、カーブ(同112キロ)の5球種を投じたがいずれも最速は120キロ台以下。西川から被弾した場外弾も、内角121キロのツーシームを完璧に捉えられた結果だった。

     >>日本ハム・斎藤、コーチの意見を完全に無視?「だからダメになった」「清宮と同じ」呆れ声 西崎氏が衝撃の光景を明かす<<

     斎藤の投球を受け、ネット上には「速球も変化球も120キロ台なんてプロレベルの球速じゃないし、球速差で緩急つけられないのは致命的すぎる」、「全部の球があまりにも遅すぎる、こんな調子じゃ一軍復帰は絶対無理」、「ロッテ打者陣の打ち損じが多かっただけで、一軍では到底通用するような投球じゃない」、「OBもほぼ棒球だみたいなこと言ってたし、何かを変えないと上がり目は無さそう」といった反応が寄せられている。

     「プロ野球の投手は速球が武器の本格派、変化球を主体とする軟投派など選手によって投球ス..
    【日時】2021年09月18日 19:30
    【ソース】リアルライブ

    【斎藤佑 最速120km台に呆れ 「一軍復帰は絶対無理」呆れ声 致命的な欠陥を露呈? 球界OBも辛らつ指摘「どれも棒球」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【MLB】大谷翔平、7回2失点で9勝目&驚異の3か月負けなし 103年ぶり大記録に王手 - スポーツニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9810242 2021/09/04 14:26
    【MLB】大谷翔平、7回2失点で9勝目&驚異の3か月負けなし 103年ぶり大記録に王手
    【MLB】大谷翔平、7回2失点で9勝目&驚異の3か月負けなし 103年ぶり大記録に王手
    ■自己最多117球の力投、B・ルース以来103年ぶり「2桁弾&2桁勝利」に王
    ■エンゼルス 3ー2 レンジャーズ(日本時間4日・アナハイム)
     エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地・レンジャーズ戦に「2番・投手」で先発出場。7回7安打8奪三振2失点、メジャー自己最多117球の力投で9勝目を手にした。これで1918年のベーブ・ルース以来103年ぶりの同一シーズン「2桁勝利&2桁本塁打」に王手をかけた。防御率は2.97、試合は3-2で勝利した。

     初回のアクシデントを乗り切った。大谷は2死一塁からロウが放った打球速度102.3マイル(約164.6キロ)のゴロを右手付近に受け(強襲内野安打)、一、二塁のピンチを背負ったが後続を抑え無失点。2点リードで迎えた2回は1死一塁からマーティンに2ランを浴び同点に追いつかれる。

     だが、3回以降は走者を許しながらも最速100.5マイル(約161.7キロ)とスライダー、スプリットを交え要所を締めスコアボードに「0」を並べ7回2失点で降板。その後はリリーフ陣が反撃を許さずエンゼルスが勝利した。

     打撃では初回の第1打席は二ゴロ、3回の第2打席は三ゴロ併殺、5回の第3打席は右飛、7回の第4打席は空振り三振に倒れ4打数無安打。3試合連続無安打となり打率.258。

     それでも「投手・大谷」は6月4日(同5日)のマリナーズ戦で2勝目を挙げて以降、3か月負けなしで、自身8連勝。ここまで両リーグトップの42本塁打を放っており、1918年のルース以来103年ぶりの同一シーズン「2桁勝利&2桁本塁打」に残り「1」勝となった。


    【日時】2021年09月04日 14:00
    【ソース】Full-count

    【【MLB】大谷翔平、7回2失点で9勝目&驚異の3か月負けなし 103年ぶり大記録に王手 - スポーツニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【MLB】大谷翔平、7回2失点で9勝目&驚異の3か月負けなし 103年ぶり大記録に王手 - スポーツニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9810242 2021/09/04 14:26
    【MLB】大谷翔平、7回2失点で9勝目&驚異の3か月負けなし 103年ぶり大記録に王手
    【MLB】大谷翔平、7回2失点で9勝目&驚異の3か月負けなし 103年ぶり大記録に王手
    ■自己最多117球の力投、B・ルース以来103年ぶり「2桁弾&2桁勝利」に王
    ■エンゼルス 3ー2 レンジャーズ(日本時間4日・アナハイム)
     エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地・レンジャーズ戦に「2番・投手」で先発出場。7回7安打8奪三振2失点、メジャー自己最多117球の力投で9勝目を手にした。これで1918年のベーブ・ルース以来103年ぶりの同一シーズン「2桁勝利&2桁本塁打」に王手をかけた。防御率は2.97、試合は3-2で勝利した。

     初回のアクシデントを乗り切った。大谷は2死一塁からロウが放った打球速度102.3マイル(約164.6キロ)のゴロを右手付近に受け(強襲内野安打)、一、二塁のピンチを背負ったが後続を抑え無失点。2点リードで迎えた2回は1死一塁からマーティンに2ランを浴び同点に追いつかれる。

     だが、3回以降は走者を許しながらも最速100.5マイル(約161.7キロ)とスライダー、スプリットを交え要所を締めスコアボードに「0」を並べ7回2失点で降板。その後はリリーフ陣が反撃を許さずエンゼルスが勝利した。

     打撃では初回の第1打席は二ゴロ、3回の第2打席は三ゴロ併殺、5回の第3打席は右飛、7回の第4打席は空振り三振に倒れ4打数無安打。3試合連続無安打となり打率.258。

     それでも「投手・大谷」は6月4日(同5日)のマリナーズ戦で2勝目を挙げて以降、3か月負けなしで、自身8連勝。ここまで両リーグトップの42本塁打を放っており、1918年のルース以来103年ぶりの同一シーズン「2桁勝利&2桁本塁打」に残り「1」勝となった。


    【日時】2021年09月04日 14:00
    【ソース】Full-count

    【【MLB】大谷翔平、7回2失点で9勝目&驚異の3か月負けなし 103年ぶり大記録に王手 - スポーツニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版】の続きを読む

    このページのトップヘ