萬ブログ

萬ブログはまとめサイトです。 主に世の中にある私的に興味のあるネタを中心に, 皆様へお届けするゆる~いまとめサイトです。

    カテゴリ: 政治経済

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    稲田朋美氏が謎画像を投稿 ピンクのワンピースで田んぼのあぜ道を激走 - 政治・経済ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


    NO.9926547
    稲田朋美氏が謎画像を投稿 ピンクのワンピースで田んぼのあぜ道を激走
    稲田朋美氏が謎画像を投稿 ピンクのワンピースで田んぼのあぜ道を激走
    自民党の稲田朋美氏(62)が17日、ツイッターを更新。謎の画像を投稿し、物議をかもしている。

    稲田氏は「衆議院が解散されました! 19日からの選挙戦、最後まで突っ走ります! 10月31日投開票です」とツイート。なんてことない内容だが、添付された画像がくせ者だった。

    おそらく地元福井と思われる田んぼの風景に稲田氏と農作業をする男性が写り込んでいる。稲田氏は田んぼに不似合いなピンクのワンピースを着て、あぜ道を走っている。農作業の男性はそんな稲田氏の後方から声をかけているようにも見える。どういう写真なのか解説はない。

    このツイートに対しては「笑わせに来てる?」「冗談の画像だと思いました」「中々シュールな絵面ですね」と笑いと困惑の声が寄せられている。また、画像に加工をほどこして大喜利をするユーザーもチラホラ出てきていた。

    【日時】2021年10月17日 16:52
    【ソース】東スポWeb
    【関連掲示板】

    【稲田朋美氏が謎画像を投稿 ピンクのワンピースで田んぼのあぜ道を激走  #稲田朋美 #謎画像 #自民党 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    稲田朋美氏が謎画像を投稿 ピンクのワンピースで田んぼのあぜ道を激走 - 政治・経済ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


    NO.9926547
    稲田朋美氏が謎画像を投稿 ピンクのワンピースで田んぼのあぜ道を激走
    稲田朋美氏が謎画像を投稿 ピンクのワンピースで田んぼのあぜ道を激走
    自民党の稲田朋美氏(62)が17日、ツイッターを更新。謎の画像を投稿し、物議をかもしている。

    稲田氏は「衆議院が解散されました! 19日からの選挙戦、最後まで突っ走ります! 10月31日投開票です」とツイート。なんてことない内容だが、添付された画像がくせ者だった。

    おそらく地元福井と思われる田んぼの風景に稲田氏と農作業をする男性が写り込んでいる。稲田氏は田んぼに不似合いなピンクのワンピースを着て、あぜ道を走っている。農作業の男性はそんな稲田氏の後方から声をかけているようにも見える。どういう写真なのか解説はない。

    このツイートに対しては「笑わせに来てる?」「冗談の画像だと思いました」「中々シュールな絵面ですね」と笑いと困惑の声が寄せられている。また、画像に加工をほどこして大喜利をするユーザーもチラホラ出てきていた。

    【日時】2021年10月17日 16:52
    【ソース】東スポWeb
    【関連掲示板】

    【稲田朋美氏が謎画像を投稿 ピンクのワンピースで田んぼのあぜ道を激走  #稲田朋美 #謎画像 #自民党 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「レギュラー価格200円を超えないとガソリンだけでは運営できない」原油価格の高騰に販売店も悲鳴 - 政治・経済ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


    NO.9927512
    「レギュラー価格200円を超えないとガソリンだけでは運営できない」原油価格の高騰に販売店も悲鳴
    「レギュラー価格200円を超えないとガソリンだけでは運営できない」原油価格の高騰に販売店も悲鳴
    高騰を続けるガソリン価格が7年ぶりに1リットル162円を超えた。価格は6週続けて上昇しており、歯止めが掛かる様子は今のところ見られない。この状況に消費者はもちろん、販売店からも悲鳴が聞こえ始めている。

    東京・世田谷区にあるフルサービスが売りのガソリンスタンド「MAXエネルギー世田谷SS」の松田龍馬代表取締役は「(今の原価だと)レギュラー価格が200円を超えないとガソリンだけでは運営できない」と苦しい経営状況を明かす。社長含む5人のスタッフで運営する同スタンドでは、松田さんも毎日現場に出て、バイトスタッフと汗を流している。

    「ガソリン自体がそんなに利益がある商品じゃないので…」

    そのように話す松田さんのガソリンスタンドでは、レンタカーや車の販売、板金、事故対応、改造など車のこと全般のサービスを提供する形でやりくりしている。洗車やオイル・タイヤ交換程度のサービスだけではやっていけず「別荘の掃除に行ったり、要望があれば何でもするような感じだ。本当に便利屋さんみたいな…」と松田さん。

    ガソリンスタンドがガソリンを売るだけでは生き残ることが難しい背景には何があるのか。ガソリンスタンド勤務歴21年で店長やエリアマネージャーを経て独立。現在は車関係の店舗コンサルティングを行うロードサイド経営研究所の三上康一代表取締役は次のように語る。

    「(価格高騰は)産油国の問題。世界的に新型コロナウイルスが拡大して、車を使わなくなるのでガソリンの需要が減った。そこで産油国は減産を始めた。徐々にコロナの収束は見られるようになったが、減産の手を緩めていない」

    根..
    【日時】2021年10月18日 15:00
    【ソース】ABEMA TIMES
    【関連掲示板】

    【「レギュラー価格200円を超えないとガソリンだけでは運営できない」原油価格の高騰に販売店も悲鳴  #ガソリン高騰 #原油価格高騰】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    マイナカード促進へ「3万円」付与 衆院選で公約 - 政治・経済ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9923745
    マイナカード促進へ「3万円」付与 衆院選で公約
    マイナカード促進へ「3万円」付与 衆院選で公約
    政府がマイナンバーカードの普及策で健康保険証としての利用に加えて注力するのが、カードの取得者にスマートフォン決済などで利用できるポイントを還元する「マイナポイント」事業だ。衆院選公約で公明党が一律3万円の追加付与を掲げ、岸田文雄首相も乗り気をみせる。ただ、こうした〝ニンジン作戦〟には、普及効果を疑問視する財務省が立ちふさがっている。

    「マイナンバーカード普及の強力な後押しと、消費喚起を促すため、一人当たり3万円のポイントを付与する新たなマイナポイント事業の創設を提案する」

    公明党の石井啓一幹事長は12日、衆院本会議の代表質問でこう指摘。首相も「与党の議論を踏まえながら検討を進める」と応じたことで、新たなポイント付与が現実味を帯びている。

    令和2年9月に始まったマイナポイント事業は既に最大5千円のポイントを還元しており、追加付与となれば普及に一定の効果はありそうだ。全国の自治体で最もマイナカードの交付率が高い石川県加賀市は昨年6月、カード保有者と新たに申請した人に対しマイナポイントとは別枠で市内で使える5千円分の商品券を配布。交付率は今年10月1日現在で70%となり、配布前の2年5月(13・7%)から飛躍的に上昇した。

    ただ、マイナポイント事業は、最大5千万人を想定していた利用者が5割弱にとどまるなど伸び悩む。そのため政府は当初3月末までだったポイント取得期限を12月末まで延長した。4月末までにマイナカードを取得した人が対象だ。

    申し込みが進まない理由の一つに利用手続きの煩雑さが挙げられる。スマホ決済や交通系I..
    【日時】2021年10月16日 19:51
    【ソース】産経新聞

    【マイナカード促進へ「3万円」付与 衆院選で公約 #マイナンバーカード #税金ばらまき #必死やな 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「安い日本」「貧しい日本」の現実 - 政治・経済ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9922998
    「安い日本」「貧しい日本」の現実
    「安い日本」「貧しい日本」の現実
    アベノミクスの10年が終焉を告げていることと合わせて、結果として「安い日本」「貧しい日本」「弱い日本」へと転落してきたことを指摘する経済誌の特集があいついでいる。黒田バズーカなどといって異次元緩和を実施し、意図的に円安・株高を演出してきたが、経済成長するわけでもなく大企業や製造業はむしろ海外に出て行ってしまい、労働者の賃金は低迷、25年来のデフレは解消されず、円安とも相まって日本人の購買力は低下するばかりという実態が浮き彫りになっている。


    OECD(経済協力開発機構)が各国の年間平均賃金額を調査したデータによると、2020年の日本の平均賃金は2万8514㌦(428万円)だった。これはOECD加盟国35カ国中22位で、隣国の韓国の4万1960㌦をも下回っている。アメリカは日本の約2倍の6万9391㌦、ドイツが5万3745㌦、イギリスが4万7147㌦、フランスが4万5581㌦というように、先進各国との差も大きい。アメリカとは3万㌦(333万円)以上の開きがあり、その他の国とも1万㌦(111万円)前後の差があることがわかる。


    30年前の1990年におこなわれた同様の調査では、日本の平均賃金は3万6878㌦で12位だった。つまり、この30年来で平均賃金は日本円にしてわずかに18万円ほど増えただけで、ほとんど変化していないのが特徴だ。韓国は同時期に5倍、米国や英国はおよそ2・5倍に増えているのと比較しても、いかに異常であるかがわかる。これは日本が停滞し続けてきたことと同時に、その他の国は成長してきたことを意味している。


    米国に行けばいまやビッグマックは日本国内の倍近い価格で売られ、ファーストフードもおよそ2倍の価..
    【日時】2021年10月11日
    【ソース】長周新聞
    【関連掲示板】

    【「安い日本」「貧しい日本」の現実  #安い国 #貧しい国 #アベノミクス 】の続きを読む

    このページのトップヘ