よろずブログYouTube

当サイトは芸能関係やお笑い関係に特化したまとめサイトとなっております。 まれに掲載している情報が異なる場合がございますが(写真が違う等) 大目に見てやってくださいwww あまりにも異なる場合はご指摘いただけましたら訂正、 もしくは記事の削除を行いますのでコメント欄で教えて頂けたら幸いです。 それではごゆっくりご覧くださいませ。

    当サイトは芸能関係やお笑い関係に特化したサイトとなっております。
    まれに掲載している情報が異なる場合がございますが(写真が違う等)
    大目に見てやってくださいwww
    あまりにも異なる場合はご指摘いただけましたら訂正、
    もしくは記事の削除を行いますのでコメント欄で教えて頂けたら幸いです。
    それではごゆっくりご覧くださいませ。

    タグ:#内村光良

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    内村光良 (ウッチャンからのリダイレクト)
    てるよし、1964年〈昭和39年〉7月22日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督。南原清隆とお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」を結成。 熊本県人吉市出身。愛称は「ウッチャン」。マセキ芸能社所属。妻は徳永有美。 1964年(昭和39年)7月22日、熊本県球磨郡あさぎり町に生まれ、免田町立免…
    101キロバイト (15,194 語) - 2022年11月29日 (火) 11:57
    南原清隆 (ナンバラバンバンバンからのリダイレクト)
    )は、日本のお笑いタレント、司会者。香川県高松市出身。マセキ芸能社所属。身長174cm。体重63kg。内村光良とともにお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」として活動しており、愛称は「ナンチャン」。ブラックビスケツでは「アニキ」とも呼ばれていた。 高松市立下笠居小学校、高松市立下笠居中学校、高松第一高等学校、横浜放送映画…
    22キロバイト (2,357 語) - 2022年12月8日 (木) 11:11

    1 jinjin ★ :2022/12/08(木) 23:41:27.69ID:fov/02oh9
    ウッチャンナンチャン「今年、最初で最後」の2人そろってのMCに「特別感ある」「幸せ」の声


    お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(58)と南原清隆(57)が、8日放送の日本テレビ系「あなたは知ってる?知らない?超レア映像遺産ショー~日本テレビ70年の映像から大捜索!」でそろって出演。


    2人そろってMCをするのは今年初とあり、冒頭から南原のテンションは上がりっぱなし。

    南原はこの日、自身のインスタグラムでも「“同級生の内村さんと一緒”久しぶりに内村さんと番組MCをやりました。会う前ドキドキ 会うと落ち着き 終わるとあっという間 来年はもっと一緒にお仕事できたらいいなぁ(はしゃぐな、と内村さんの声が聞こえます)」とつづり、
    8月に放送された同局の「24時間テレビ」で共演した際の2ショットも公開していた。


    藤井貴彦アナウンサーから「2人がそろってのMCって今年何回目?」と聞かれると南原は「今年最初で最後です」と答え、内村に「ちょっとはこっち見て」と話しかけていた。

    視聴者からも「この二人が揃うことあんまりないから、特別感あるよねw」「ウンナン共演は、はしゃぐ南原さんといやいやながらもまんざらでもない内村さんの感じが見てて幸せなんだよね」「ウッチャンナンチャンが隣に並んでるの久しぶりに見たわ」「ウッチャンナンチャンの共演を喜ぶ人がいっぱいいるよ うれしい」などの声が上がっていた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/67ce558efc6f814eedc69b77fd2abc22437ae1aa

    【【芸能】『今年、最初で最後』???ウッチャンナンチャン 2人そろってのMCに 「特別感ある」「幸せ」の声  ウッチャンに「ちょっとはこっち見て」www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    内村 光良(うちむら てるよし、1964年〈昭和39年〉7月22日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、映画監督。南原清隆とお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」を結成。 熊本県人吉市出身。愛称は「ウッチャン」。マセキ芸能社所属。妻は徳永有美。 1964年(昭和39年)7月22日、熊本県球…
    101キロバイト (15,194 語) - 2022年11月29日 (火) 11:57

    12月3日放送の『ベストアーティスト2022』(日本テレビ系)で、1990年代末に一世を風靡した音楽ユニット『ブラックビスケッツ』が20年ぶりに復活を果たした。

    これを受けて『ポケットビスケッツ』の復活も期待されているが、現実は厳しいようだ。

    「『ブラビ』は『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)で誕生した音楽ユニット。メンバーは『ウッチャンナンチャン』南原清隆、『キャイ~ン』天野ひろゆき、台湾出身タレントのビビアン・スーで、セカンドシングル『Timing』が200万枚のダブルミリオンヒットを記録したほか、98年には『NHK紅白歌合戦』に出場するなど時代を作りました」(芸能ライター)

    今年は「Timing」がTikTokでリバイバルブームを果たし、こうした背景もあってか、「ブラビ」が再結成を果たすこととなった。

    そしてこれにより、当時の番組ファンからは、ライバルユニットだった「ポケビ」こと「ポケットビスケッツ」の復活を期待する声が相次いだ。

    「『ポケビ』は『ブラビ』より先に誕生したユニットで、『ウッチャンナンチャン』内村光良、『キャイ~ン』ウド鈴木、千秋の3人で活動。互いのグループがライバル関係となり、CDセールスを競い合う企画が人気を博しました。音楽活動の面では、『ポケビ』の方がヒット曲を多く世に出しています」(同・ライター)


    内村が再結成に否定的で実現しない?

    だが今回、常にライバル関係にあった「ポケビ」は復活せず、「ブラビ」のみが世間を賑わす結果に。

    台湾からビビアンを呼ぶ必要がある「ブラビ」に比べ、今なおメンバーが国内の第一線で活躍する「ポケビ」の方が再結成に向けた〝号令〟をかけやすそうなものだが、そこには内村の意向があるといい…。

    「千秋は昨年のYouTubeで、自身50歳の記念にもう一度歌手活動がしたいと吐露し、チャンネル登録者100万人で1日限定の『ポケビ』再結成を提案。しかし、許諾を得に内村を突撃したところ、内村は開口一番『どうなんだろうね、それは』と苦い反応をしました。その後も、『急に来られてさ。人のこと付いてきてさ』など、苦虫を噛み潰したような態度。拒否こそしなかったものの、『確約はしません』とかなり消極的で、本音ではやりたくないという思いがにじみ出ていました」(バラエティーライター)

    こうした態度はファンの間でも有名なようで、ネット上には

    《ポケビが復活するか、しないかって、日テレの許可よりウッチャンのやる気次第なのかな?》
    《千秋はやる気マンマンなのに、確かウッチャンが…って話じゃなかったっけ?》
    《噂だと千秋やウドはノリ気なんだけどウッチャンがあんまりポケビについてノリ気じゃなくて実現しないとかなんと》
    《千秋さんはやる気満々だけどウッチャンさんがやる気無いのが…》
    《ウッチャンがゴーサイン出さないだけでやろうと思えばたぶんできる》
    といった声が。再結成が内村の反対で実現しない様子が見て取れる。

    両ユニットが再び揃う姿を見るには、内村が首を縦に振る必要がありそうだ。

    https://myjitsu.jp/archives/396836

    【【芸能】「どうなんだろうね・・・」ウッチャンのやる気がゼロ?『ポケビ』だけ再結成しない理由とは?「急に来られても・・・」www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 数の子 ★ :2022/11/21(月) 12:51:54.45ID:BKHrl9Ot9
    大みそか恒例『NHK紅白歌合戦』の出場者が発表された。出場歌手をめぐってはさまざまな話題が上がったが、そのひとつが米津玄師の不出場だ。

    米津は2018年の第69回に初出場し、徳島県のスタジオから生中継で歌唱。会場のNHKホールとも中継を結び、司会を務める『ウッチャンナンチャン』内村光良とやりとりも交わした。

    しかし、ここでのやりとりは、今なお語り継がれるバツの悪いものとなってしまう。

    「当時の米津はメディアに出ず、MVでも顔を隠し、神聖さを売りに活動していたため、内村は『米津くんが喋った!』とその意外性に驚きました。しかし、米津はこの小*にしたようなイジリに、後の雑誌インタビューで『いや、喋るだろうがっていう笑。珍獣のような扱いを受けてるのが本当に嫌なんですよ』と不快感を露わにしています」(音楽ジャーナリスト)

    これがきっかけとなったのか、以降、米津は「紅白」に出場せず。『シン・ウルトラマン』『チェンソーマン』といったヒット作のタイアップがあった今年も出場しないため、「米津くんが喋った事件」のミゾは決定的なものと見られることになった。


    「今年の司会は3年連続で大泉洋。彼は芸風的に、内村よりさらに茶々を入れる、くだけた司会が予想されます。そうなれば、米津がまたイジられる可能性は高く、『因縁のあった内村じゃないなら出ても良い』とはならない。プライドの高さからして、絶対に許容できないでしょう」(前出・ジャーナリスト)

    大泉が米津をイジる危険性は、芸風だけでなく、彼の〝バック〟にも由来するという。

    「大泉の事務所はNHKと蜜月のため、調子に乗って非礼を働く危険性が高いのです。昨年の『紅白』は司会の大泉を筆頭に、審査員の清原果耶、白組トリの福山雅治、『Perfume』、星野源、『エレファントカシマシ』宮本浩次、まふまふとアミューズ所属ばかり。世間ではジャニーズばかりと批判されていますが、よくよく見るとアミューズが支配している番組なのです。大河ドラマ『晴天を衝け』の主演・吉沢亮もアミューズですし、『おかえりモネ』『カムカムエヴリバディ』と朝ドラ主演も二期連続でアミューズ。NHKとの癒着が目に余ります」(芸能記者)

    NHK幹部と内村が揃って謝罪に出向かない限り、米津の紅白出場は二度とないかもしれない。

    https://myjitsu.jp/archives/393358

    【【芸能】『紅白歌合戦』にブチギレ中???米津玄師 ヒット連発も不出場が続く理由とは?「大泉洋が・・・」wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    南原 清隆(なんばら きよたか、1965年〈昭和40年〉2月13日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。香川県高松市出身。マセキ芸能社所属。身長174cm。体重63kg。内村光良とともにお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」として活動しており、愛称は「ナンチャン」。ブラックビスケッツでは「アニキ」とも呼ばれていた。
    21キロバイト (2,310 語) - 2022年4月30日 (土) 17:53

    1 ひかり ★ :2022/07/22(金) 13:08:07.04ID:CAP_USER9
     お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の南原清隆(57)が22日、自身のインスタグラムを更新し、相方・内村光良(58)に向けたバースデーソングを歌った。

     この日は内村の58歳の誕生日。「ウッチャン 誕生日おめでとう 素敵な一年になりますように」と笑顔をマークを入れて投稿した南原は、同時に動画も掲載。ギター弾き語りで、時折笑顔もまじえてバースデーソングを“熱唱”し、「ハッピーバースデー、ウッチャン。そしてこの日生まれた全ての人達にハッピーバースデー!おめでとうございます」と呼びかけた。最後は画面に向かって手を振るなど、変わらぬコンビ愛を見せた。

     これには「素敵」「音色が優しい」「相方愛が泣けます」といった声が続々。タレントの大沢あかねも「ナンチャンカッコいいー 内村さんおめでとうございます ギターシリーズ続編お願い致します」と今後の展開も期待していた。

    スポニチ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b801f4728d77b5dd9edff642c9531e1d013088a9

    (出典 www.sponichi.co.jp)

    【【芸能】南原清隆「ウッチャン、ハッピーバースデー」 インスタで弾き語り“相方愛”披露 wwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ