よろずブログYouTube

当サイトは芸能関係やお笑い関係に特化したまとめサイトとなっております。 まれに掲載している情報が異なる場合がございますが(写真が違う等) 大目に見てやってくださいwww あまりにも異なる場合はご指摘いただけましたら訂正、 もしくは記事の削除を行いますのでコメント欄で教えて頂けたら幸いです。 それではごゆっくりご覧くださいませ。

    当サイトは芸能関係やお笑い関係に特化したサイトとなっております。
    まれに掲載している情報が異なる場合がございますが(写真が違う等)
    大目に見てやってくださいwww
    あまりにも異なる場合はご指摘いただけましたら訂正、
    もしくは記事の削除を行いますのでコメント欄で教えて頂けたら幸いです。
    それではごゆっくりご覧くださいませ。

    タグ:#新型コロナウイルス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    (もり いずみ、1982年〈昭和57年〉10月18日 - )は、日本のファッションモデル、タレントである。東京都港区出身。オスカープロモーション(2020年10月17日まで)を経て、株式会社ウォークゼロに所属。 父方の祖父は元陸軍主計少佐でハナヱモリグループ会長を務めた
    14キロバイト (1,580 語) - 2022年10月18日 (火) 13:22

    モデルでタレントの森泉(40)が7日、自身のインスタグラムを更新。新型コロナウイルス感染症対策のため、海外から日本に帰国した際の検疫手続きについて不満を漏らした。

     森は「何のための事前PCR検査?ワクチン接種?やっと日本ついた!と思ったら人混みの密の中で待たされ“これやって”って言われて…」とつづり、検疫通過時に手渡される「健康カード」の写真を投稿。

     続けて「わからないから手伝ってってお願いしたら“今忙しいから後で手伝う”だって…無理にお願いしたらイヤイヤな感じでやっと手伝い始めた…1番信じられないのは子供にぶつかってきて謝らないで逆に子供のせいにして子供に怒るスタッフ…資源が!ペーパーレスが!っていう中また無駄な紙増えた…」と対応への不満を漏らし「なんかがっかりしたのと恥ずかしいのと…」と複雑な思いをにじませた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/13d2afe75135e94f853297746a31ba23a1a82901

    【【芸能】スタッフの対応に「信じられない」 www森泉、日本帰国時の新型コロナ検疫手続きに不満「やっと日本に着いたら人ごみの中でまたされて・・・」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    玉川 (たまかわ とおる、1963年 - )は、テレビ朝日報道局の局員で、『羽鳥慎一モーニングショー』のレギュラーコメンテーター。かつては後述する前身番組でリポーターやディレクターを務めていた。 宮城県出身。1982年宮城県仙台第二高等学校卒業、1987年京都大学農学部農業工学科卒業。1989年京…
    30キロバイト (4,293 語) - 2022年11月1日 (火) 23:54

    1 首都圏の虎 ★ :2022/12/01(木) 09:49:25.11ID:3SfXZ4My9
     新型コロナウイルスに感染していたテレビ朝日の玉川徹氏が療養期間を終えて1日、同局の「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に復帰した。

     11月17日の放送で、新型コロナウイルス感染者が全国で急拡大していることを特集。本編前に羽鳥慎一アナが「きょうは玉川さんが、このパネルコーナーでコロナを取材したものを報告するはずだったんですけど、なんと昨日、熱が出ましてPCR検査したら陽性でした」と明かした。

     この日、「塩野義製薬ゾコーバ緊急承認」の特集で“復帰”した玉川氏は、羽鳥アナから「元気ですか?」と質問を受けると「元気になったんですよ」と反応。羽鳥アナが「衝撃だったんですよ。あの玉川さんがコロナになったんだって…」と感染対策を徹底していた玉川氏の感染を驚いた。玉川氏は「僕は基礎疾患もあるので、本当に気をつけていたんですよ。それでも、かかる場合はかかるだろうなという思いがあったので、準備していてよかったです」と答えた。

     罹患を想定した準備について「かかりつけのお医者さんをきっちりつくって、もし発症した場合は、そのお医者さんに診察してもらう準備をしていました。とにかく、すぐに感染していたと分からないといけないから抗原検査キットも手元にあったし、PCR検査のキットも朝に送ったら昼ぐらいに結果が分かるところを自分で見つけた。(11月16日の)水曜日に“喉の調子が悪いな”って時にPCR検査を出して、午後2時くらいには『陽性』と結果が出たんです。すぐにクリニックに連絡をとって、夕方には診察してもらって、(経口抗ウイルス薬の)パキロビッドを処方してもらった。当日の夜に39度近く熱が上がったのですが、薬をのんで翌日には熱が下がった」と説明。

     「そのあとは安心して療養期間を過ごせた。やはり“備えあれば憂いなし”と。私の好きな言葉です」と感染した場合を想定した準備が大切だと話した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f96a8238d9c751ec4bff21521ed85809846a2ad9

    【【モーニングショー】「備えあれば憂いなし。私の好きな言葉です」wwwテレ朝・玉川徹氏 コロナ感染から復帰「僕は基礎疾患もあるので・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    この10月にNHKテレビの「視点・論点」で話す機会をいただいた。10分間、ひとりカメラに向かいながら語る番組である。今回で3回目。昨年は、新型コロナウイルスの感染対策のため大学の研究室からリモートで話したが、今年は渋谷のスタジオでの収録になった。

    テーマは、「『転身力』とは」。今年の6月に『転身力 「新しい自分」の見つけ方、育て方』(中公新書)を書いたことから依頼されたのだろう。

    人生100年時代といわれるように寿命が延びていることから、一つの仕事や働き方だけで一生を過ごすことは困難になっている。どこかで切り替えが求められる。同時に30年も40年もずっと同じ仕事をするのでは、他の仕事を経験する機会を失うのでもったいない。同じ働き方を20年もすれば、飽きてしまい、マンネリに陥ることにもなる。一度しかない人生をもっと大切にすべきだということで、働き方や生き方を変える力を転身力として述べた。

    取材をしていると、美容師、大学教授になったという転身の結果よりも、自らの可能性に対してどういうスタンスを取っているかが大切だと感じてきた。転身力とは、「新たな自分を見つけるために、自らの可能性を探る力」と定義して話してみた。そのため起業や転職、独立といった職業を変えるレベルだけではなく、現在の立場のままで、副業や兼業、趣味やボランティア、学び直しなどに並行して取り組む事例も転身の対象とした。いずれにしても中高年期の「もう一度人生が始まるタイミング」にスポットを当てた。

    この番組は出演者の語りのみで構成されている。私の顔だけが10分間画面にずっと映っているのでは視聴者にとっても辛いだろう。適宜、話のポイントを図表やフリップで示すことによって目を休めてもらうように工夫した。

    収録を終えたときに感じたのは、カメラを前に一人でしゃべり続ける難しさである。対面で話すときには、相手が多数でも、顔つきを見ることができる。質問に手を挙げてもらってリアクションも確認できる。リモートにおいてもチャットやサイトの掲示板を使って意見交換は可能である。相手の反応を確かめながらしゃべる私のようなタイプでは受け手が見えないと落ち着かない。伝えたい想いが空回りしている感じが残ってぎこちなくなる。カメラを前にして堂々としゃべるアナウンサーはやはりプロなのである。

    放送の終了後、番組を見た知人からいろいろな感想が寄せられた。SNSで番組出演の予定を事前にアップしていたからだ。意外だったのは、「転身力」というキーワードに対して、同世代の女性が前向きな反応を示していることだった。「私もこれから何かできるかもしれない」「次のやるべきことを考えています」「マンネリにならず自分の可能性を信じたい」といった内容だ。今後のことに対して目が向いている。一方で、「転身力」を自分に引き直している男性のコメントはなかった。中高年期も女性の時代かもしれない。

    ZAKZAK2022.11/29 15:30
    https://www.zakzak.co.jp/article/20221129-LSFBGWIILRLIFDFTDXW3JX7AUA/

    【【定年後の居場所】男性は反応なし???「転身力」に前向きな中高年の女性 一度しかない人生、働き方や生き方を変える力を!中高年期も女性の時代???】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    三浦 瑠麗(みうら るり、英語:Lully Miura 、1980年〈昭和55年〉10月3日 - )は、日本の政治学者(国際政治学・比較政治学)。学位は博士(法学)(東京大学大学院・2010年)。株式会社山猫総合研究所(独立系シンクタンク自営)代表。旧姓は濱村(はまむら)。…
    122キロバイト (18,624 語) - 2022年11月24日 (木) 08:24

     国際政治学者の三浦瑠麗氏(42)が26日、ABEMA「NewsBar橋下」(土曜後9・00)にゲスト出演し、新型コロナウイルスの医療体制を巡る過去の炎上騒動について真意を語った。

     発言がネットで炎上しがちな人たちを、ともに炎上経験のある三浦氏と番組ホストの弁護士・橋下徹氏が解説する企画を放送。その中で三浦氏は、14日放送のフジテレビ系「めざまし8(エイト)」での自身の発言について触れた。第8波に備えた政府の対応強化策についての話の中で、新型コロナに対する米国の医療体制と比較しつつ、「日本だけ医療の側の努力、これはオンライン化も含めた努力が足りないっていうのは明らか」と指摘。この発言がネットで賛否を巻き起こした。

     この発言について、三浦氏は「私、日本の医療が問題がないなんてことを言っている分科会の専門家が一人でもいるのかというのを、逆に教えていただきたいです」と述べた。「だって、オンライン診療も全然できていないし、訪問医療だって課題山積だし。努力が足りないみたいなものを言えなくなったら、もう北朝鮮と一緒ですよ。“マンセー(万歳)”になっちゃう」と続けた。

     橋下氏は自身が政治家時代、その後の医療現場でも世話になった医療従事者が脳裏に浮かんだようで、「その人のことが頭に浮かんじゃって、頑張ってくれている人がいる」とフォローを入れていた。それに対して三浦氏は「ただ私、システムの話をしていたわけで、個人の話をしていたのではないんです。医療側というのは、システムの話なんですね。それはどんなに個々人が頑張ったとしても、システムが悪ければダメなんですよ」と返していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a8821a787a4a43eed2a926850ade19c881192a8d

    【【芸能】北朝鮮と一緒www三浦瑠麗氏 新型コロナ対策巡る炎上発言の真意「システムの話をしただけ」www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    必殺仕事人』(ひっさつしごとにん)は、朝日放送テレビ・テレビ朝日・松竹共同製作により、2022年1月9日の21時00分 - 22時55分にテレビ朝日系列で放送されたテレビ時代劇。必殺シリーズ生誕50周年記念作品。 『必殺仕事人』シリーズでは毎回、世相を反映したテーマを描き出しているが、今回は「S…
    35キロバイト (6,079 語) - 2022年10月17日 (月) 04:16

    1 湛然 ★ :2022/11/18(金) 05:42:33.71ID:U0EbEI7o9
    『必殺仕事人』最新作が1月放送!主演・東山紀之、松岡昌宏、和久井映見らを恐怖の病が襲う

    『必殺仕事人』cABCテレビ

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



    東山紀之が主演を務める、スペシャルドラマ『必殺仕事人』(ABCテレビ・テレビ朝日系列 午後9時~10時55分)の最新作が1月8日(日)に放送決定。松岡昌宏(TOKIO)、知念侑李(Hey! Say! JUMP)、和久井映見、遠藤憲一らが出演する。

    1972年の『必殺仕掛人』スタート以来、藤田まことさん演じる中村主水をはじめとするさまざまなキャラクターたちが悪を成敗する痛快さで、長きにわたって愛され続けている“必殺シリーズ”が50周年を迎えた。

    また、藤田さんからバトンを受け継いだ東山紀之が主演を務める『必殺仕事人』は、2007年にスタート。こちらも、老若男女を問わず幅広い世代から支持される長寿シリーズに。つまり、座長・東山と、当初から出演している松岡昌宏、和久井映見という必殺仕事人をけん引する3人も、同様に15周年を迎えることになる。

    そんな大きな節目となる2023年、1月8日(日)に『必殺仕事人』待望の最新作が放送決定した。東山をはじめ、松岡、知念侑李、和久井、遠藤憲一ら仕事人たちが、世にはびこる悪をスカッと成敗する、痛快エンターテインメント時代劇が、ますますパワーアップして登場。

    毎回、世相を反映した問題を描き出すことで話題の本作だが、今回は江戸を襲う原因不明のはやり病「鬼面風邪(きめんかぜ)」の猛威と、患者を救うために奔走しながら特効薬の開発に尽力する町医者たちの姿が描かれる。しかし、その一方では、この病を悪用して“お助け金詐欺”を企てる悪人たちまで現れて…。

    これはまさに、猛威を振るい続ける新型コロナウイルスと闘う現在の私たちとも重なる物語。本作では、苦しむ人々を横目に、悪巧みに精を出す悪人たちが巻き起こす悲劇を必殺仕事人らしく、風刺を利かせて描き出す。

    なお、これまで数え切れないほどの悪人を斬ってきた5人の仕事人たちだが、なんと、はやり病「鬼面風邪」の猛威は仕事人にも襲いかかる。この「鬼面風邪」は、人から人に感染、咳や発疹に加え、鬼のように真っ赤な顔になるほどの発熱が続き、多くが死に至るという原因不明の恐ろしい病。

    特効薬もなく、感染者が増加する一方で、江戸の町は混乱を極めていく。そんな中、その猛威が仕事人のひとりにも襲いかかり、命の危機にさらされる事態に。果たして、その人物とは一体…。

    発表に当たり、東山は「この50年の間には、世の中的にもいろいろな動きがありましたし、“必殺シリーズ”というのは、そういった世相を反映してきたドラマなので、あらためて“時代と共に歩んできた作品”なんだな、と思います」と振り返る。

    続けて「人の世も考え方もいろいろと変わってきていますが、“必殺”の世界観は、これからも変わらず続いていくのかなと思っています。今回の“必殺”でもそういった世界観を皆さんにたっぷりお届けしますので、楽しんで見ていただけたら」とアピールした。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【ドラマ】最新作が1月放送!!!『必殺仕事人』主演・東山紀之、松岡昌宏、和久井映見らを恐怖の病が襲う 「必殺の世界観は変わりません」wwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ