萬ブログ5ちゃんねる

萬ブログはまとめサイトです。 主に世の中にある私的に興味のあるネタを中心に, 皆様へお届けするゆる~いまとめサイトです。

    当サイトは芸能関係やお笑い関係に特化したサイトとなっております。
    まれに掲載している情報が異なる場合がございますが(写真が違う等)
    大目に見てやってくださいwww
    あまりにも異なる場合はご指摘いただけましたら訂正、
    もしくは記事の削除を行いますのでコメント欄で教えて頂けたら幸いです。
    それではごゆっくりご覧くださいませ。

    タグ:#橋下徹

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    橋下 (はしもと とおる、1969年〈昭和44年〉6月29日 - )は、日本の弁護士(大阪弁護士会所属 登録番号25196)、政治評論家、タレント、元政治家。東京都出身。豊中市在住。 大阪府知事(公選第17)、大阪市長(第19代)、総務省顧問(鳩山由紀夫内閣)、大阪維新の会代表(初代)、日本維新の
    330キロバイト (49,203 語) - 2022年8月2日 (火) 10:16

    1 Anonymous ★ :2022/08/09(火) 19:10:03.18ID:CAP_USER9
    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0809/joj_220809_5388406852.html
    8月8日に放送された『ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、元大阪府知事の橋下徹氏(53)が全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹氏(61)に論破されるシーンがあった。ネットでは橋下氏に対して呆れる声が上がっている。


    連日、“旧統一教会と政治家の癒着”について取り上げている『ミヤネ屋』。そこで、この日はカルト認定をするために10の基準を掲げるフランスの反セクト法、通称「反カルト法」を引き合いに出し「カルト宗教を取り締まる法律は、日本でも実現するべきか」について議論が交わされていた。


    司会の宮根誠司(59)らと共にスタジオ出演していた橋下氏。中継先にいた紀藤氏の「反カルト法のような法律を導入すべき」という提言に、「反カルトというのは、あくまでも宗教に絞った規制。でも、(信者が)信じているのはしょうがない。だから教義内容や内心に踏み込むのは危険」と返した。


    すると紀藤氏は「教義に踏み込まない」という橋下氏に対して「’70年から’80年代で欧米で議論されていた、40年前の議論を蒸し返している」といい、「基本的には信教の自由には立ち入らない。諸外国の常識で、カルト規制法もそう。そしてカルト規制法は団体規制なので、宗教団体に限らない」と述べた。

    しかし、橋下氏は「日本では団体に対する規制は慎重になっている。治安維持法で特定の団体や思想を弾圧した経緯があるので」とコメント。そして「日本は、個別に摘発して解散に追い込むというやり方。だから反カルト規制法というものは作れません」と持論を展開した。


    ところが紀藤氏は「難しいからできません、では政治家は成り立たない」と指摘。「他の国では、免税資格を取り消すことと法人格を取り消すことは違う。団体を解散させることも違う。3つの段階がある」といい、「基準を当てはめた時に、どの段階のことをやるのかという議論はきめ細かく進めたほうがいい。解散命令の基準になりうるものも作るべき」と反論した。


    その後、橋下氏が「“難しいから”ではなく危険だから。中国もロシアも弾圧に向かっている。その反省をもとに団体に対する規制は慎重になろうというのが日本のやり方」と語り、2人の応酬は終わった。ところが、この“舌戦”がネットで話題を呼ぶことに。


    「橋下氏は『40年前の議論を蒸し返している』と指摘された上に、エビデンスをもとに紀藤氏から反論されました。また紀藤氏は長くカルト問題と関わってきた分、自身の考えをもとに『解散命令の基準を作るべき』などの提言も行っていました。橋下氏も紀藤氏も共に弁護士という職業であり、その差を比較する声がネットで相次いでいます」(テレビ局関係者)


    そのためTwitterでは「同じ弁護士なのに」といい、こんな声が上がっている。


    《どうやら紀藤弁護士が鋭すぎて。橋下も同じ弁護士だとすっかり忘れてた》
    《橋下さんはソワソワ、スタジオから周りの岸さんなどコメンテーターや宮根さんに目配せして同意を得ながら、話を無理に広げて時間稼ぎをしながら。かたや紀藤弁護士はモニター画面から一人、悠然と待ち、聞かれたときだけ端的に切れ味鋭く》
    《同じ弁護士でもこうも違うものなのか》

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1660031259/

    【橋下徹 「ミヤネ屋」で紀藤弁護士に徹底論破されるwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    橋下 (はしもと とおる、1969年〈昭和44年〉6月29日 - )は、日本の弁護士(大阪弁護士会所属 登録番号25196)、政治評論家、タレント、元政治家。東京都出身。豊中市在住。 大阪府知事(公選第17)、大阪市長(第19代)、総務省顧問(鳩山由紀夫内閣)、大阪維新の会代表(初代)、日本維新の
    330キロバイト (49,203 語) - 2022年8月2日 (火) 10:16

    1 Anonymous ★ :2022/08/06(土) 22:25:21.22ID:CAP_USER9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7f3098bdd7e73478f926a594a93cb410cc7e8c59

     5日放送のTBS系情報番組「ゴゴスマ」(月~金曜・午後1時55分)では、自民党の下村博文前政調会長が4日、自身が文部科学相を務めていた2015年当時、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の名称変更申請を文化庁が認めたことについて「今となれば責任を感じる」と述べたことを前日に続いて特集した。

     コメンテーターで出演の元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏はコメンテーターのナジャ・グランディーバが「安倍(晋三)さんの(銃撃)事件がなかったら、この(旧統一教会の)問題は明るみになってなかった?」と聞くと、「残念だし、悔しいところなんですけど、山上(徹也)容疑者の意図した通りになってます」と発言。

     「あの事件がなければ、(旧統一教会問題の)対策弁護団は頑張っているけど、ここまで情報番組を席巻するような話題にはなっていなかったでしょう。僕は話題にすることは重要だし、悪いことは悪いと言うべきなんだろうけど、山上容疑者の意図通りに過剰に法律の範囲を超えて攻撃していくのは、山上容疑者の意図した通りになっちゃうんです」と話すと、「僕は(発言が旧統一教会寄りなど)何を言われてもいいんだけど、あくまで法律に照らして、法律がおかしいなら法律を変えていくべきだと」と続けていた。

    【橋下徹氏、旧統一教会を「法律の範囲を超えて攻撃していくのは山上容疑者の意図した通りになっちゃう」wwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    橋下 (はしもと とおる、1969年〈昭和44年〉6月29日 - )は、日本の弁護士(大阪弁護士会所属 登録番号25196)、政治評論家、タレント、元政治家。東京都出身。豊中市在住。 大阪府知事(公選第17)、大阪市長(第19代)、総務省顧問(鳩山由紀夫内閣)、大阪維新の会代表(初代)、日本維新の
    330キロバイト (49,203 語) - 2022年8月2日 (火) 10:16

    1 muffin ★ :2022/08/05(金) 15:38:51.07ID:CAP_USER9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/08/05/kiji/20220805s00041000310000c.html
    2022年8月5日 14:40

    元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(53)が5日、TBS系の情報番組「ゴゴスマ~GO GO!smile~」(月~金曜後3・55)に生出演。政治家と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関係が取り沙汰されている中、自民党を痛烈批判した。

    旧統一教会との関係については立憲民主党や日本維新の会が調査結果を説明しているが、自民党は岸田文雄首相が「政治家の立場からそれぞれ丁寧に説明をしていくことは大事」と発言するなど、党としての調査はしていない。

    橋下氏は「自民党、ダメですね」とあきれ顔で語り始め「団体との付き合いがない、組織的な付き合いがない、それはいいですよ。一番重要なのは国会議員が(旧統一教会と)どういう付き合いをしていたか、トラブル団体であることは間違いないのだから、そこに名前を貸してた人、広告塔になった人、政権与党としてきちんと個別調査すべきですよ」と批判した。

    そして「こういうことをしないことを有権者はしっかりと認識して選挙の時、判断しないと」と語った。

    【橋下徹氏「自民党、ダメですね」とバッサリwwwwwwwwwwwww 旧統一教会との関係を「個別調査すべき」と批判】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    橋下 (はしもと とおる、1969年〈昭和44年〉6月29日 - )は、日本の弁護士(大阪弁護士会所属 登録番号25196)、政治評論家、タレント、元政治家。東京都出身。豊中市在住。 大阪府知事(公選第17)、大阪市長(第19代)、総務省顧問(鳩山由紀夫内閣)、大阪維新の会代表(初代)、日本維新の
    330キロバイト (49,203 語) - 2022年7月15日 (金) 02:14

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/07/27(水) 20:33:38.37ID:CAP_USER9
    2022年07月25日 14:49 芸能

     元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(53)が25日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。インドで浄化活動が進む川の水を直接飲んだ州のトップが体調を崩して病院に運ばれたことについてコメントした。
     番組では、インド北部にあるパンジャブ州の首相が地元の川の浄化活動をPRするため、川の水をコップですくって飲んだところ、この州首相は体調を崩して病院に運ばれたという現地メディアのニュースを伝えた。

     橋下氏は「僕、大阪府知事の時に、京都府知事と滋賀県知事と3人で琵琶湖の水がきれいだってことをアピールするために、琵琶湖の水をそのまま飲んだんですが、
    その前にちゃんと水質検査を完ぺきにやったうえで、それで飲んでなんの問題もないわけです」と明かし、このインドの州首相については「ちょっとプロセスがまずいですよね」と話した。
    また、大阪の道頓堀について「ヘドロで凄かったんですけど、浄化作戦をやっていて、近くの下水道処理場を高度化して10年度くらいには清流並みになるくらいのプロジェクトが今進んでいるんですよ。で、きれいになった水、でも僕は絶対に飲みません」と話していた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/07/25/kiji/20220725s00041000431000c.html

    【【橋下徹氏】川の水を飲み腹痛のインドの州首相に「僕は琵琶湖の水を飲んだんですが、その前に…」?????????】の続きを読む

    このページのトップヘ