よろずブログYouTube

当サイトは芸能関係やお笑い関係に特化したまとめサイトとなっております。 まれに掲載している情報が異なる場合がございますが(写真が違う等) 大目に見てやってくださいwww あまりにも異なる場合はご指摘いただけましたら訂正、 もしくは記事の削除を行いますのでコメント欄で教えて頂けたら幸いです。 それではごゆっくりご覧くださいませ。

    当サイトは芸能関係やお笑い関係に特化したサイトとなっております。
    まれに掲載している情報が異なる場合がございますが(写真が違う等)
    大目に見てやってくださいwww
    あまりにも異なる場合はご指摘いただけましたら訂正、
    もしくは記事の削除を行いますのでコメント欄で教えて頂けたら幸いです。
    それではごゆっくりご覧くださいませ。

    タグ:#活動休止

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1 爆笑ゴリラ ★ :2023/01/31(火) 20:09:16.66ID:frfWASbl9
    バーチャルライバーグループ・にじさんじに所属するグウェル・オス・ガールさんが、2月1日(水)より活動再開することを発表した。

    2022年12月22日に謝罪動画をYouTubeに投稿して以来、およそ1ヶ月ぶりとなる。

    グウェル・オス・ガールさんは、2022年12月18日に「ぺこーらに、告白しようと思ってる。 covered by グウェル・オス・ガール」と題した歌ってみた(カバー)動画を公開。それがインターネット上で賛否両論を巻き起こし、活動休止するに至っていた。

    グウェル「ぺこーらに、告白しようと思ってる。」カバーで炎上
    問題となった「ぺこーらに、告白しようと思ってる。」は、匿名掲示板サイト・5ちゃんねるの書き込みから派生した2次創作楽曲である。

    内容としては、楽曲のタイトルの通り、女性バーチャルYouTuber(VTuber)グループ・ホロライブ所属の兎田ぺこらさんに対し、ファンがYouTubeのスーパーチャット(投げ銭機能)を利用して告白しようと決意表明するというもの。

    その書き込みを元に、作曲家・がんばれまさしげさんが2次創作として楽曲を投稿。以降、有名配信者たちによって本楽曲はカバーされてきた。

    その一方、内容が内容だけに好意的な反応ばかりではなく、特に兎田ぺこらさんのファンは複雑な思いで受け止めてきた。

    グウェル「一旦頭を冷やす必要があると思います」謹慎へ
    グウェル・オス・ガールさんによる「ぺこーらに、告白しようと思ってる。」のカバー動画が公開された当時、インターネット上では賛否の声が多く挙がった。

    それを受けてか、グウェル・オス・ガールさんは当該のカバー動画を非公開にしたものの、批判の声は止まなかった。

    その後、2022年12月22日にグウェル・オス・ガールさんは「謝罪と説明と今後について」と題した動画を投稿。

    本件について謝罪を行うとともに、「一旦頭を冷やす必要があると思いますので、しばらくお休みをいただこうと思います」と話し、謹慎を発表していた。

    今回、グウェル・オス・ガールさんの活動再開を発表したにじさんじ公式Twitterも、「不誠実な言動を行ったため、1月31日(火)まで活動を停止しておりました」と改めて経緯について言及している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b6af5be8a95c442faf0cf6aa324bc1082c351f5b

    (出典 kai-you.net)

    【【VTuber】炎上→反省wwwにじさんじグウェル、活動再開 女性VTuberを揶揄する楽曲カバーで約1ヶ月の謹慎】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    中居 正広(なかい まさひろ、1972年〈昭和47年〉8月18日 - )は、日本の男性タレント、司会者、俳優、歌手。アイドルグループであるSMAPの元メンバー(1988年 - 2016年)。愛称は「中居くん」。2020年4月より芸能事務所である「のんびりなかい」の代表取締役社長を務めている。…
    94キロバイト (12,146 語) - 2022年12月20日 (火) 07:36

    1 jinjin ★ :2022/12/21(水) 00:10:33.87ID:455FbIWX9
    病名明かさず憶測記事…中居正広の難しい完全休養 「ここはあえて触れないというのも優しさ」 特番VTR出演「やせてはいたが元気そう」


    「本人が病名を明かさないことが憶測記事につながっていますが、ここはあえて触れないというのも優しさかと思いますね」

    情報番組デスクがタレントの中居正広(50)の週刊誌報道を心配する。
    11月4日に約1カ月の活動休止を発表したが、12月2日には延長を発表。

    今年いっぱいは休止するという。

    「先日、フジテレビ系特番『中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2022』にVTR出演しました。やせてはいましたが元気そうでした。完全に休養すればいいのですが、仕事大好き人間でそれができない。VTR出演をしたり、電話出演をしたり、番組スタッフやファンが喜ぶような演出を買って出る。らしいと言えばらしいですけどね」(前出・情報番組デスク)


    長い間、トップアイドルとして日本のエンタメを支えてきた中居も気が付けば50歳。
    若いころほど無理のきかない年齢だけに頑張りすぎないことが肝要だ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/78423a8419b7e53ce0dfb7ae5aca8885f95dad77

    【【芸能】「ここはあえて触れないというのも優しさ」病名明かさず憶測記事…中居正広の難しい完全休養「痩せてたけど元気そう」www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    元『ストV』プロゲーマー・はつめ、精神不調の悪化で活動休止「どうか、待っていてください」

    元プロゲーマーでYouTuber/ストリーマーのはつめさんが12月11日に、自身の活動休止をTwitterやInstagramで発表した。

    はつめさんはその理由について「以前より続いていた精神的不調の悪化により主治医とマネージャー判断の元、療養に専念することに致しました」と説明している。

    「少なくとも2022年内は活動休止」するとのことで、出演を予定していた12月17日(土)開催の「ミュージションフェスin川崎駅前」含むイベントは全て出演キャンセルとなる。
    元『ストV』のプロゲーマー・はつめ

    はつめさんは、格闘ゲーム『ストリートファイターV』の元プロゲーマー。18歳でプロゲーミングチーム・父ノ背中に加入し、「CAPCOM Pro Tour」「EVO」などの世界大会に挑戦した。

    その後、2020年8月ごろより、YouTuber/ストリーマーとして、FPSゲーム『Apex Legends』など様々なジャンルのゲーム実況を開始。

    2021年3月に父ノ背中を脱退しプロゲーマーを引退。現在はフリーランスとして活動しており、YouTubeのチャンネル登録者数は32万人を有している。

    その人気を活かして、2021年8月にはアメリカ生まれのスポーツブランド・Kaepa(ケイパ)のブランドアンバサダーに就任。いわゆる「ワンマイルウェア」を意識した、従来のゲーマーウェアのイメージとは一線を画するアイテムをプロデュースしている。
    はつめ、2021年末に躁うつ病を告白

    はつめさんは2021年12月、高校時代に精神科で一型の双極性障害(躁うつ)、解離性障害と診断されていたことを動画の中で告白。

    生まれつき希死念慮(死にたいと思う気持ち)や死への恐怖感が薄く、一時は自傷行為や破壊行為への衝動にかられ、それが抑えられず精神科に入院していた時期があったことを明かしていた。

    今回の活動休止に際し、はつめさんは「必ず、はつめとして元気な姿でまたみんなの前に戻ってきます。なので、少しだけ時間をください。どうか、待っていてください」という言葉を残している。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d50958d6c832db29216c92875292f3ff9671f5a5

    【【プロゲーマー】はつめ、精神不調の悪化で活動休止「どうか、待っていてください」 過去に躁うつ病を告白】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ラプラスダークネス(La+ Darknesss、5月25日 - )は、日本のバーチャルYouTuber、バーチャルアイドル。所属事務所はホロライブプロダクションで、同事務所の女性バーチャルYouTuberグループ・ホロライブの6期生「秘密結社holoX」を統べる総帥。愛称は「ラプ
    14キロバイト (1,666 語) - 2022年12月5日 (月) 13:21

    VTuberラプラス・ダークネス、精神的不調で活動休止「絶対戻ってくるので」

    バーチャルYouTuber(VTuber)グループ・ホロライブ所属のラプラス・ダークネスさんが、当面の間活動を休止することが発表された。

    ラプラス・ダークネスが「生配信を短くする理由」を語る

    ホロライブプロダクションは、活動休止の理由について「以前から精神的不調が続いていたため、本人と話し合い、運営判断の元、当面は活動をお休みさせていただき、療養に専念することといたしました」と公式Twitterで説明している。

    また、ラプラス・ダークネスさん本人も「早く元気になりたいです。楽しいこととかして面白いものとか沢山見て 元気になったら約束してた配信もやりたいから いつになるか分からないけど絶対戻ってくるので待ってて欲しいです」とツイートしている。
    1周年を迎えた「秘密結社holoX」のラプラス・ダークネス

    ラプラス・ダークネスさんは、鷹嶺ルイさん、博衣こよりさん、沙花叉クロヱさん、風真いろはさんと同期のホロライブ6期生。上記5人によるユニット「秘密結社holoX」の“総帥”として2021年11月にデビューした。

    YouTube上での生配信が活動の主軸となるホロライブ所属タレントの中でも珍しく、編集した動画定期的に投稿。また、生配信自体も1時間前後で切り上げることが多く、独自の活動スタイルを築き上げている。

    その中で見せる大胆不適かつあどけない姿で視聴者を魅了し、現在YouTubeチャンネルの登録者数は87.2万人、Twitterのフォロワー数は88.6万人を記録している。
    前日開催された「秘密結社holoX」全員集合配信では欠席

    先日11月26日に配信デビューから1周年を迎えたばかりだったラプラス・ダークネスさん。

    「秘密結社holoX」自体も1周年を迎えたこともあり、先日から全国のアニメイトでのフェアやメンバー全員によるリレー配信など様々なイベント・企画が開催。

    12月4日には、配信企画の最後を飾る全員集合配信も行われたが、ラプラス・ダークネスさんはこれを体調不良のため一部欠席していた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/27a41dab1a435ef8c2fb6dc8eeaf212add49dfb7

    【【VTuber】”ホロライブ”ラプラス・ダークネス、精神的不調で活動休止「絶対戻ってくるので」 秘密結社『holoX』総帥、2021年11月にデビュー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    松野 有里巳(まつの ありみ、1973年2月13日 - )は、日本の歌手、女優、スポーツインストラクター。本名、高橋 有里巳(たかはし ありみ)。旧姓、松野。 東京都世田谷区出身。グローバルプロモーション所属。 乙女塾出身のアイドルグループribbonの元メンバー。 有里
    7キロバイト (765 語) - 2022年9月26日 (月) 08:43

    松野:乙女塾にはタレント、歌手、俳優、モデルというコースがあって、私は歌よりも演技のほうが好きだったので、俳優コースを選びました。ひろちゃんは歌手コースだったんです。3期で入った愛ちゃんも歌手コースでした。ところが、私はフジの上の方から「歌を歌いませんか」と言われて、歌手コースに異動になったんです。

    ――それでribbonに? 

    松野:その前にCoCo(宮前真樹、羽田惠理香、大野幹代、三浦理恵子、瀬能あづさ)がデビューしたんです。「おしぼり一本。フジテレビ」というキャンペーンがあって、後にCoCoとしてデビューする5人と3~4人が選ばれて、沖縄にCM撮影に行ったんです。その後、放送されたCMで流れていたのがCoCoのデビュー曲「EQUALロマンス」だったんで、ビックリしたり、悔しかったりしましたね。ちょうどその頃に歌手コースに移ると、3人のデビューが告げられたんです。

    ――その頃には芸能界への憧れが生まれたのか? 

    松野:あの番組って、毎週、テレビに出られる人が代わっていくんです。AKB総選挙が毎週行われているようなもので、結構、サバイバルが熾烈だったんです。3カ月後には2期生も入ってくるから、振り落とされていくんです。CM前にフリップ持って喋れる人とか、MCの隣にいられる人とか、戦いでした。だから、デビューしたいというよりも、とりあえず「パラダイスGoGo!!」に来週も出演したいという気持ちのほうが強かったですね。

    ――ようやくribbonがデビューしたが、当時は「アイドル冬の時代」と呼ばれていた。

    活動休止のワケ
    松野:デビューした頃は「夜のヒットスタジオ」(フジ)とか、まだまだ歌える番組があったんです。それがだんだんなくなっていって、「アイドルって活躍できる場所が少なくなっているんだな」というのは、やりながら感じていきました。

    ――とはいえ、シングル13枚、アルバム10枚をリリースした。

    松野:芸能界のことなど何にも分からない状態で、16歳で生番組に出演して、歌を歌ってデビューして、芸能事務所に入って、ラジオ番組とかバラエティ番組とか、いろいろ経験していくことに必死でした。もちろん、学校にも行っていますし、試験もあるし。忙しくて、家で寝る間もなかったほど。

    ――どこで寝るのか? 

    松野:学校とか移動中でしたね。忙しくて全然遊べませんでした。恋愛どころではない青春でした。他の方には経験できないことができましたけど。

    ――そんなribbonだったが、いつのまにか活動がなくなった。

    松野:解散はしていないんですよ。自然消滅という感じですね。94年10月に「THE夜もヒッパレ」(日本テレビ)に出演したのがグループとして最後だと思います。93年頃から個々の活動が増えたんですね。ひろちゃんは連ドラ、愛ちゃんはバラエティで活躍していて、私は舞台の仕事がメインでした。これを極めてみたいと思う反面、将来の不安もありました。それを正直に事務所に話したあたりから、グループとしての活動も徐々になくなったんだと思います。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0ac904c58c8c438b84f37392e0b705d11ffabc70?page=2

    https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhNrRI0RUQxg5aFkrX0xDg1_T0wXrbEJjtNGtrf1o9y3CflXDDJ_ISqZnnmAYTi4d0Rbr8qh1K2MsPJPvmb9gLY8phLQtWPsAOZyh3RkfxaSPvjarcjEUIqlDywihNNkAdwW8gfrqDRuTaVsuNeR7r-iNEkywnmAvqQm7Y452GQgDRvNRLCOh1aI77lahSJEtw==

    【【伝説のアイドル】永作博美も在籍した「ribbon」 元メンバー「松野有里巳さん」が語る“結成・解散と現在” 「将来の不安はありました」www】の続きを読む

    このページのトップヘ